CP+ 2019 リコーの見どころであるRICOH GR IIIのマクロモード6cmで撮影をしてみた

RICOH GR III ボディ

パシフィコ横浜で開催されているCP+ 2019のリコーブースの見どころをご紹介します。

 

その他のメーカーの見どころは、まとめページに記載していますので、あわせてご覧ください。

CP+2019の見どころ まとめページ! 基本情報やイベント情報なども紹介します
パシフィコ横浜で開催されているCP+2019のメーカー各社の見どころをまとめてみました。 週末に行こうと思っている方も多いと思いますので、CP+2019の基本情報やイベント情報もご紹介します。

 

スポンサーリンク

CP+ 2019 リコーの見どころ

CP+ 2019 リコーの見どころ

CP+ 2019 リコーの見どころ

リコーブースの見どころは、何といってもGRシリーズの最新機種『GR III』です。

リコーブースは、会場の左手前にあります。

RICOH GR III

RICOH GR III

RICOH GR III

リコーブース内に、GR IIIの特設コーナーが設置されており、GR IIIを手に取って試すことが出来ます。

列に並んで5分くらいで順番が回ってきました。もう少し待つのかと思っていたので、少し拍子抜けです。

GR IIIで撮影した写真データは持ち帰ることが出来るので、皆さんSDカードを持っていきましょう。

RICOH GR IIIの背面

RICOH GR IIIの背面

RICOH GR IIIの上面

RICOH GR IIIの上面

RICOH GR IIIの側面

RICOH GR IIIの側面

実物を間近で見てみましたが、やはり小さいですね。そして軽いです。

タッチパネルが搭載されているので、再生した画像をピンチインピンチアウトで拡大縮小出来ます。GRを使用している方は撮影毎にいちいち画像を確認するのか?と思いましたが、皆さんどうされているのでしょうか。

GR IIIの被写体

GR IIIの被写体

GR IIIを試すための机の上には、これを撮影してくださいと言わんばかりのお花が置いてあります。もう少し他の物も撮影したいのですが。

被写体としては面白くないので、マクロ撮影でもしてみましょう。

GR IIIでは、マクロ撮影機能がGR IIから強化されています。標準設定で最短撮影距離10cm、マクロモードで6cmまで寄ることが出来ます。

RICOH GR IIIの側面

RICOH GR IIIで寄ってみた

GR IIIはすごく寄れる、と頭にあったので思い切って被写体に寄ってみましたが、ピントが合いません。近すぎたようです。めちゃくちゃ寄れると思っていると、思ったほどは寄れないと感じる、くらいの距離感です。

気を取り直して、最短撮影距離ギリギリを狙って撮影してみます。

通常撮影の最短撮影距離10cm

通常撮影の最短撮影距離10cm

マクロモードの最短撮影距離6cm

マクロモードの最短撮影距離6cm

標準設定時の最短撮影距離10cmとマクロモード6cmで撮影した写真を載せておきますね。

十字ボタンの上を押すと、レンズが繰り出してマクロモードに素早く切り替えが出来ます。これは良いですね。

RICOH GR III

RICOH GR III

凄く小さくて軽いのですが、こんなに小っちゃいカメラが10万か、と思ったらきっと負けなのでしょうね。

 

CP+ 2019 リコーの見どころ RICOH GR III まとめ

CP+ 2019のリコーブースで先行展示されているRICOH GR IIIを触ってきました。

これだけ小さければ、ポケットに入りそうですね。ポケットに入れて毎日持ち歩く生活も良いですね。

GRファンは早く触りたいと思う方が多いと思いますので、CP+で一足先に撮影してみてください。

 

CP+2019の見どころ まとめページ! 基本情報やイベント情報なども紹介します
パシフィコ横浜で開催されているCP+2019のメーカー各社の見どころをまとめてみました。 週末に行こうと思っている方も多いと思いますので、CP+2019の基本情報やイベント情報もご紹介します。

リコーの新着記事一覧

カメラグランプリ2019はパナソニックS1Rが受賞! ミラーレス時代の到来が感じられる結果に
CP+ 2019 リコーの見どころであるRICOH GR IIIのマクロモード6cmで撮影をしてみた
新型RICOH GR IIIを見るためにリコーのトークイベントGR LIVE!に行ってきた
2018年買って良かった物と2019年に期待したい物ベスト3

 

タイトルとURLをコピーしました