ソニー動物瞳AF提供時期まとめ! α7 IIIとα7R IIIがα9やα6400より先に動物瞳AFが実装される

ソニーの動物瞳AF ボディ

フォトキナ2019で開発が発表されていた動物瞳AFですが、アメリカで対象機種とアップデート時期のアナウンスがありました。

どうやらα7 IIIやα7R IIIの方が、α9や新型APS-Cであるα6400より先に動物瞳AFが導入されるようです。α7 IIIユーザーやα7R IIIユーザーには朗報ですね。

2019年1月15日のカリフォルニア州サンディエゴで米国ソニーが、α9とα7 IIIおよびα7R IIIのソフトウェアップデートと新機種α6400の発表を行いました。

α7 III以来の新機種の発表ということで、α6400の注目度が高いわけですが、動物瞳AFも大注目です。

スポンサーリンク

α9、α7 III、αR IIIのソフトウェアアップデートの内容

α9向けファームウェア ver. 5.0およびVer. 6.0

α9のアップデート内容

α9には、ファームウェアVer. 5.0とVer. 6.0の二回に分けて機能がリリースされます。

機能の一覧を見てみると、もの凄い量のアップデート内容ですね。もちろん注目の動物瞳AFも含まれています。

問題はいつ動物瞳AFがリリースされるか。

α universeに記載されていました。

https://alphauniverse.com/stories/sony-announces–9-camera-upgrade-through-major-firmware-updates/
Version 6.0 firmware for the α9 camera will add Eye AF for animal eyes, an exciting new feature for wildlife photographers that will enable interval shooting functionality for creating time-lapse movies.
The new system firmware update version 5.0 is scheduled for launch in March 2019, and version 6.0 is scheduled for Summer 2019.

α9の動物瞳AFは、2019年夏ごろにリリースが予定されているVer. 6.0で実装されるようですね。

α7 IIIやα7R III向けファームウェア Ver. 3.0

α7 IIIとα7R IIIのアップデート内容

こちらも同じくα universeに記載があります。

Sony’s popular α7R III and α7 III full-frame cameras will both receive enhanced Real-time Eye AF performance with the upcoming firmware version 3.0. This will be available in AF-C mode with a simple half-press of the shutter button. Real-Time Eye AF for animals will also be available.
The new system firmware update version 3.0 is scheduled in April 2019.

α7 IIIやα7R IIIの動物瞳AFは、2019年4月ごろにリリースを予定されているVer. 3.0で実装されることになります。

ちなみにα6400は?

α6400のアップデート内容

こちらもα universeに記載があります。

https://alphauniverse.com/stories/sony-announces-next-generation–6400-mirrorless-camera-with-real-time-eye-autofocus–real-time-tracking-and-world-s-fastest-autofocus/
Eye AF support for animals will be added in summer 2019 via a system software update, ideal for wildlife photographers.

α6400も、発売時は動物瞳AFは実装されず、ファームウェアアップデートで実装されるようです。α9と同様に2019年夏ごろです。

α6400はα9の技術を用いているという説明もあったので、ファームウェアも共通の部分があるのかもしれませんね。

α9より先にα7 IIIとα7R IIIに動物瞳AFが提供される

機種ソフトウェアバージョン提供時期
α9Ver. 6.02019年夏ごろ
α7 III、α7R IIIVer. 3.02019年4月ごろ
α6400記載なし2019年夏ごろ

AF機能については上位性能を誇るα9より先に、α7 IIIとα7R IIIに動物瞳AFが提供されることになります。α7 IIIとα7R IIIユーザーには朗報ですね。

もし仮に僕がα9ユーザーだったら、早く動物瞳AFを体験したいがために、α7 IIIかα7R IIIを買ってしまうかも知れません。

新発売のAPS-Cカメラであるα6400も2019年夏ごろということで、やはりα7 IIIとα7R IIIが一番最初に動物瞳AFが提供されることになります。

α9、α7 III、αR III、α6400の動物瞳AF提供時期まとめ

ソニーの発表内容から動物瞳AFの提供時期をまとめてみました。

動物瞳AFはα9のみに提供される可能性もあったわけですが、α7 IIIやα7R IIIにも提供されることが明らかとなり、α7 IIIユーザーやα7R IIIユーザはひと安心です。

しかもα9より先にα7 IIIとα7R IIIに提供されるわけですから、ますますα7 IIIとα7R IIIが売れそうですね。

僕も大注目の機能なので、実装される日を楽しみにしています。

【追記】日本のソニーにもプレスリリースが出ていました。

『α9』のAF、画質などカメラの基本性能をさらに進化させるソフトウェアアップグレード実施
ソニーは、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』の大幅なソフトウェアアップグレード(ソフトウェアアップデートVer.5.0および6.0)を実施します。
フォトキナ2018 ソニー瞳AFの動物対応について対象機種と対象動物を予想してみた
ドイツのケルンで開催されていたフォトキナ2018にて、残念ながらソニーは新しいカメラやレンズの発表はありませんでしたが、それ以上にインパクトのある瞳AFの動物対応とレンズ拡充の予告を行いました。今回は瞳AFの動物対応について、僕なりの予想を
Sony α7 IIIの下克上! ソニー α7IIIとα7RIIIを比較してα7 IIIを購入しました
僕はSony α7IIIとα7RIIIを比較して、α7IIIを購入しました。 決してα7 IIIの方が安いから選んだわけではありません。 両機種で迷われている方もいらっしゃると思いますので、なぜα7IIIを選択したかお伝えします
ソニー α7 IIIからα7R IIIに買い換えた理由は高画素、高感度、そして価格
僕はソニー α7 IIIを愛用していましたが、この度ソニー 『α7R III』に乗り換えることにしました。 今回は改めてα7 IIIとα7R IIIの比較をしながら、僕がα7 IIIからα7R IIIに乗り換えるに至った理由を書きたい
ボディ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
フォローもお願いします!
ぽんこ

カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。
SNSもフォロー大歓迎です!

SNSもチェック!
シェアしていただけると喜びます!
ぽんこ趣