ニコン Z 6のファームウェアアップデート手順を解説! XQDカードリーダーが必要なので注意

ニコン Zシリーズのファームウェアをアップデートボディ

ニコン Z 6に新しいファームウェアをインストールしてみたいと思います。ニコンのファームウェアアップデートにはXQDカードリーダーが必要な点は要注意です。

 

瞳AFなどが実装されたニコン Z 6やZ 7用ファームウェアVer.2.00がリリースされました。

瞳AF対応のニコン Z 6・Z 7用ファームウェアがリリース! 連写性能や低輝度限界も向上
ニコンのフルサイズミラーレスカメラ Z 6とZ 7に新しいファームウェアVer.2.00がリリースされました。瞳AF機能追加や連写性能向上以外にも魅力的なファームウェアとなっています。

 

早速ですが、Z 6にインストールしてみたいと思います。アップデートに必要なものや手順なども紹介しているので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク

ファームウェアアップデートに必要AFなもの

カメラ本体とXQDメモリーカードはもちろん皆さんお持ちだとは思いますが、ファームウェアをアップデートするにはパソコンとXQDカードリーダーが必要となります。

パソコン

ファームウェアをダウンロードしたり、XQDカードリーダーに書き込んだりするためにパソコンが必要です。WindowsとMac両方に対応しているのがうれしいですね。

Windows

対応OS

  • Microsoft Windows 10 Home
  • Microsoft Windows 10 Pro
  • Microsoft Windows 10 Enterprise
  • Microsoft Windows 8.1
  • Microsoft Windows 8.1 Pro
  • Microsoft Windows 8.1 Enterprise
  • Microsoft Windows 7 Home Premium
  • Microsoft Windows 7 Professional
  • Microsoft Windows 7 Enterprise
  • Microsoft Windows 7 Ultimate
Mac

対応OS

  • macOS Mojave バージョン 10.14
  • macOS High Sierra バージョン 10.13
  • macOS Sierra バージョン 10.12
  • OS X 10.11.6
  • OS X 10.10.5
  • OS X 10.9.5
  • OS X 10.8.5
  • OS X 10.7.5
  • Mac OS X 10.6.8

XQDカードリーダー

ニコンZシリーズのファームウェアアップデートではXQDカードリーダーが必須となっています。

SDカードも読み込みたいならソニーのMRW-E90、XQDメモリーカードのみで良いのであればソニーのQDA-SB1がおすすめです。

 

ファームウェアのバージョン確認方法

MENU -> セットアップメニュー -> ファームウェアバージョンで確認可能

MENU -> セットアップメニュー -> ファームウェアバージョンで確認可能

カメラの電源を ON にして、MENUボタンを押して、[セットアップメニュー]から[ファームウェアバージョン]を選択します。

カメラのファームウェアバージョンが表示されますので、バージョンを確認してください。

後ほどファームウェアアップデート後にも確認するので、この方法を覚えておいてください。

 

Z 6のファームウェアのアップデート手順

ここではZ 6を例にファームウェアのアップデート手順を説明しますが、他のニコン機であっても基本的には同じとなります。他の機種であってもぜひ参考にしてみてください。

ハードディスクに適当な名前のフォルダーを新規作成

デスクトップ等に名前は何でも良いのでフォルダーを作成します。僕はデスクトップに『temp』という名前のフォルダを作成しました。

F-Z6-V200W.exe を 作成したフォルダーにダウンロード

先ほど作成したフォルダーにニコンのダウンロードセンターからダウンロードしたファームウェアファイルを保存します。

Z 6用のファームウェアはこちら

Z 7用のファームウェアはこちら

ダウンロードした F-Z6-V200W.exe を実行

ダウンロードした F-Z6-V200W.exe を実行するとZ6Update フォルダーが作成される

ダウンロードした F-Z6-V200W.exe を実行するとZ6Update フォルダーが作成される

F-Z6-V200W.exeをダブルクリック等で実行すると、Z6Update フォルダーが作成され、そのフォルダー内に『Z_6_0200.bin』というファイルが作成されます。これがファームウェア本体です。

XQDメモリーカードにコピー

XQDメモリーカードのルートディレクトリ(一番上の階層)にコピー

XQDメモリーカードのルートディレクトリ(一番上の階層)にコピー

XQDカードリーダーに挿したXQDメモリーカードのルートディレクトリ(一番上の階層)に先ほどのZ_6_0200.bin ファイルをコピーします。

ニコンのカメラでフォーマットを行ったことがあるメモリーカードは、ルートフォルダには『DCIM』『NIKON』というフォルダがあると思いますので、同じ階層にコピーします。(カメラでフォーマットを行った直後はDCIMフォルダがない場合がありますが問題ありません)

XQDメモリーカードをカメラにセットしてバージョンアップ

MENUボタン -> セットアップメニュー -> ファームウェアバージョン

MENUボタン -> セットアップメニュー -> ファームウェアバージョン

MENUボタンから[セットアップメニュー]の[ファームウェアバージョン]を選択して、『バージョンアップ』を選択します。

はいを選択してバージョンアップします

はいを選択してバージョンアップします

バージョンアップはおおよそ3分くらい

バージョンアップはおおよそ3分くらい

アップデート中は間違っても電源をOFFにしないでください。またアップデート中に電源が落ちないようにバッテリーの残量にも注意してください。

バージョンアップが終了したら電源スイッチをOFF

バージョンアップが終了したら電源スイッチをOFF

バージョンアップ終了の旨のメッセージが表示されたら、カメラの電源を OFF にしてアップデートは完了です。

アップデート後のファームウェアバージョンを確認

MENU -> セットアップメニュー -> ファームウェアバージョンで確認

MENU -> セットアップメニュー -> ファームウェアバージョンで確認

バージョンアップ後のファームウェアバージョンを確認します。今回はVer.2.00をインストールしたので、「C」 2.00となっていれば正常にアップデート出来ています。ちなみに、「LF」はレンズのファームウェアバージョンです。

バージョンアップファイルであるファームウェア本体は不要となったので、ファージョンアップファイルの削除を選択して削除してください。

 

ニコン Z 6をファームウェアアップデートする手順まとめ

今回はニコン Z 6のファームウェアをアップデートする手順をご紹介するとともにアップデートに必要なものをまとめてみました。

XQDカードリーダーが必要というところを除いて、それほど複雑な手順ではないので迷うことはないと思います。どうしても不安だという方は、ニコンのサービスセンターに相談してみてください。

また、SDカードと違ってXQDカードリーダーを持っていない方もいるかもしれませんが、ニコンZ 6やZ 7では必須となっていますので、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

ニコンの新着記事一覧
ニコン Z 6やZ 7はUSB PDによる急速充電に対応している? 充電時間を計測してみた
最大4万円のニコン Z 7とZ 6のキャッシュバックキャンペーンが始まるよ。
ニコン Z 6のファームウェアアップデート手順を解説! XQDカードリーダーが必要なので注意
瞳AF対応のニコン Z 6・Z 7用ファームウェアがリリース! 連写性能や低輝度限界も向上
ここは美術館?博物館? 竹中大工道具館は建物も展示も写真映え満載

 

タイトルとURLをコピーしました