CP+ 2019 ニコンの見どころを紹介!瞳AFやZ 58mm f/0.95 S Noct、Z 14-30mm f/4 S、Z 24-70mm f/2.8 Sなど

ニコン Z 58mm F/0.95 S Noct ボディ

パシフィコ横浜で開催中のCP+ 2019に行ってきました。今回はCP+ 2019のニコンブースの見どころをご紹介します。

 

他メーカー含めたCP+ 2019の見どころをまとめページを作成しました。あわせてご覧ください。

CP+2019の見どころ まとめページ! 基本情報やイベント情報なども紹介します
パシフィコ横浜で開催されているCP+2019のメーカー各社の見どころをまとめてみました。 週末に行こうと思っている方も多いと思いますので、CP+2019の基本情報やイベント情報もご紹介します。

 

スポンサーリンク

CP+ 2019 ニコンの見どころ

CP+のニコンブース

ニコンブースは、会場正面の奥左側にあります。

ニコンの見どころは、Zシリーズのレンズ、Z 58mm f/0.95 S Noct、Z 24-70mm f/2.8 SとZ 14-30mm f/4 Sの3本、さらにアップデートで実装予定の瞳AF機能です。

Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

Z 58mm F/0.95 S Noctの切断モデルが展示されていましたが、まさしくガラスの塊という感じですね。

レンズは3本とも実機で試すことが出来ますが、残念ながらデータを持ち帰ることは出来ません。

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコン Z 58mm f/0.95 S Noct

Z 58mm f/0.95 S Noctは2台しかなく、マニュアルフォーカスということもあり、順番が回ってくるまでにそれなりに時間が掛かりそうなので諦めました。

Z 24-70mm f/2.8 SとZ 14-30mm f/4 Sはそんなに待たずに触ることが出来ます。

Z 24-70mm f/2.8 S

ニコン Z 14-30mm f/4 S

ニコン Z 14-30mm f/4 S

かなり注目度が高いZ 14-30mm f/4 Sです。14mm始まりながらフィルターが装着できるので、NDフィルターやC-PLフィルターが必要な風景撮影に適しています。

ニコン Z 14-30mm f/4 S @14mm

ニコン Z 14-30mm f/4 S @14mm

ニコン Z 14-30mm f/4 S @30mm

ニコン Z 14-30mm f/4 S @30mm

14mmの時が一番伸びて、24mmあたりが一番短くなります。30mmで少し伸びる感じでした。

手に持ってみて軽いという印象を持ちました。沈胴式なので、コンパクトにもなり良さそうなレンズです。

Z 14-30mm f/4 S

ニコン Z 24-70mm f/2.8 S

ニコン Z 24-70mm f/2.8 S

ニコン Z 24-70mm f/2.8 S

ニコン Z 24-70mm f/2.8 S

Z 24-70mm f/2.8 Sも想像していたよりも軽く感じました。もちろん良い意味です。

開発中のレンズのモックアップ

試すことは出来ませんでしたが、開発中のレンズのモックアップも飾ってありました。

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

ニコン開発中のレンズモックアップ

Z 14-24mm f/2.8 S

Z 14-24mm f/2.8 S

Z 14-24mm f/2.8 Sは、残念ながらフィルターは装着できなさそうです。

想定外だったのは、Z 70-200mm f/2.8がとても大きかったことです。単焦点F1.8シリーズの倍くらいの大きさがあります。

かなり小型化されるという噂がありましたが、違ったのでしょうかね。小型のZ 70-200mm f/2.8を期待していただけに、ちょっと残念です。

インナーズームだから仕方ないのかもしれませんが、Z 14-30mm f/4 SやZ 24-70mm f/2.8 Sが小型に仕上がっているので、余計に大きく感じてしまいました。

ニコン Zシリーズの瞳AFテスト

CP+ 2019 ニコン Zシリーズの瞳AFテスト

今後アップデートが予定されている瞳AFもニコンブースで試すことが出来ます。

Z7 + Z 24-70mm f/2.8 Sの組み合わせで瞳AFによる連射撮影の様子を動画で撮影しています。

ソニーを普段使用している僕の感想では、追従性が良く、かなり使えそうだなという印象を持ちました。

瞳が映っているときは瞳AF、俯いた時や横顔では顔認識と切り替えもスムーズです。

 

CP+ 2019 ニコンブースまとめ

開発中のレンズが試せるようになっているので、多くの人で賑わっていたニコンブースです。

残念ながらZ 58mm f/0.95 S Noctを試すことは出来ませんでしたが、瞳AFを試すことが出来て満足です。

出来れば撮影したデータを持ち帰れるようにして欲しいですね。

 

CP+2019の見どころ まとめページ! 基本情報やイベント情報なども紹介します
パシフィコ横浜で開催されているCP+2019のメーカー各社の見どころをまとめてみました。 週末に行こうと思っている方も多いと思いますので、CP+2019の基本情報やイベント情報もご紹介します。
ニコンに関する新着記事一覧
ニコン Z 6やZ 7はUSB PDによる急速充電に対応している? 充電時間を計測してみた
最大4万円のニコン Z 7とZ 6のキャッシュバックキャンペーンが始まるよ。
ニコン Z 6のファームウェアアップデート手順を解説! XQDカードリーダーが必要なので注意
瞳AF対応のニコン Z 6・Z 7用ファームウェアがリリース! 連写性能や低輝度限界も向上
ここは美術館?博物館? 竹中大工道具館は建物も展示も写真映え満載

 

タイトルとURLをコピーしました