ボディ

ボディ

ソニーHPにも出ていない情報! α9のコントラストAF測距点は425点にアップデートされる

先日行われたα9、α7R III、α7 IIIのソフトウェアアップデート内容には記載がなかった項目ですが、α9のコントラストAF測距点数が425点に増える、という噂があります。 ソニーストア銀座にて、噂が本当かどうか聞いてきました。
ボディ

αシリーズで初の動画連続撮影時間30分制限なし! ソニー α6400はVlogerに最適なカメラ

ソニーから発表されたAPS-Cカメラであるα6400は、動画連続撮影時間30分制限がない?と噂されているようです。 ソニーストア銀座で店員さんに真偽のほどを確認してみました。
ボディ

ソニー動物瞳AF提供時期まとめ! α7 IIIとα7R IIIがα9やα6400より先に動物瞳AFが実装される

フォトキナ2019で開発が発表されていた動物瞳AFですが、アメリカで対象機種とアップデート時期のアナウンスがありました。 どうやらα7 IIIやα7R IIIの方が、α9や新型APS-Cであるα6400より先に動物瞳AFが導入されるよ
ボディ

フォトキナ2018 ソニー瞳AFの動物対応について対象機種と対象動物を予想してみた

ドイツのケルンで開催されていたフォトキナ2018にて、残念ながらソニーは新しいカメラやレンズの発表はありませんでしたが、それ以上にインパクトのある瞳AFの動物対応とレンズ拡充の予告を行いました。今回は瞳AFの動物対応について、僕なりの予想を
2019.01.16
ボディ

ついにソニー α7 IIIとキヤノン EOS Rの価格が逆転! ニコン Z6も価格下落中

価格.comの最安値において、2018年3月発売のソニー α7 IIIと2018年10月発売のキヤノン EOS Rの価格がついに逆転しました。 キヤノン EOS Rはどこまで値下がりが続くのでしょうか。と思ったらニコン Z6も価格下落
ボディ

フルサイズミラーレス一眼カメラのメーカー別(ソニー・キヤノン・ニコン)2018年シェアを計算してみた

2018年はキヤノンからEOS R、ニコンZ6およびZ7が発売となり、フルサイズミラーレスカメラ市場が賑わった年でした。 2018年終了時点で、メーカー別のフルサイズミラーレスカメラのシェアがどれくらいなのか計算してみました。
ボディ

ソニー α7 IIIやα7R IIIのISO AUTO低速限界設定を理解すれば手ブレを抑えてキレイに撮影できる

僕がソニー α7 IIIやα7R IIIで気に入っている機能のひとつは『ISO AUTO低速限界』設定です。 あまり気にされたことが無い方も多いかもしれませんが、他メーカ―の同機能と比べて優秀な機能と言えます。 この機能の仕組み
ボディ

ソニーα9/α7R III/α7 III,キヤノンEOS R,ニコンZ7/Z6は測距で開放絞りか実絞りかをまとめてみた

ソニー α9/α7R III/α7 III、キヤノン EOS R、ニコン Z7/Z6と各社から発売されているフルサイズミラーレスカメラの測距時の絞り動作をまとめてみました。
ボディ

ソニー α7 IIIやα7R IIIの測距は開放絞りでも実絞りでもないことが判明

ソニーα7 IIIやα7R IIIはミラーレスカメラなので、測距時に開放絞りなのか実絞りなのか、気にしない方が多いかもしれませんが、僕は気になったので調べてみたところ、実はそのどちらでもないということが分かりました。