クレジットカード不正利用! アップルから楽天カードに身に覚えのない請求が来た話

楽天カード

僕がカメラ用品を良く購入する楽天カードに、いわゆる『身に覚えのない請求』がありました。

結果的には、第三者による不正利用が確認されましたが、他の方も被害に合わないように、その様子や対処方法を記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

事の発端は毎月の利用明細

何気なく楽天カードの利用明細を見ていたら、アップルから請求が来ているのに気づきました。

僕は、楽天市場で商品を購入する際に、ポイントアップとなる楽天カードを使用しています。つまり楽天市場からしか請求は来ないはずです。

楽天e-NAVI(楽天カードのポータルサイト)で確認したところ、直近数カ月の間にアップルから2件の請求が確認出来ました。

2018/10/XXアツプルアイチユーンズス1回払いXXX円
2018/11/XXJCB国内利用 JCBアツプルアイチユーンズス1回払いXXX円

 

アツプルアイチユーンズスとは、Apple iTunes Storeのことでしょうか。

当然のことながら、最近でiTunes ストアを利用した覚えはありません。

アップルIDも10年ほど前に、iPhoneを使用していた際に使用してはいましたが、少なくともここ数年はiTunesにログインすらしていません。

ぽんこ

この請求は何だろう?

楽天カードは、楽天市場のみしか使用していないため、普段はほとんど使用していません。

楽天市場のみでの使用なので、カード自体はタンスの中に保管しています。

ちなみに、一番最近で楽天カードを利用したのは、マップカメラ楽天市場店で購入したパナソニックG9 PROでした。

もし普段使用している別のカードだったら

もしアップルではなく、別の請求元だったら

もし請求がもっと少額だったら

 

もしかしたら気付かなかったか不審に思わなかったのかもしれませんね。そう思うとちょっと怖い感じがします。

 

楽天の窓口に電話

早速ですが、楽天の窓口に電話しました。

楽天カードのお客様窓口の電話番号は、0570-666-910です。

ナビダイヤルでの接続のようで、20秒ごとに10円の利用料金が掛かります、というアナウンスが流れましたが、細かいことを気にしている状況ではありません。

暫く待たされた後、オペレーターの方に繋がって事情を説明します。

楽天窓口

不正利用かどうかは楽天では判断できないので、お客様の方でアップルに確認してください。

まあ、言わんとしていることは分かりますよ。

でも例えば、アップルやアップルショップがカード情報を抜き取って、不正利用していたとしたら、
アップルに利用状況を確認しても『正しい取引です』と言われるだけなような気がしますが。

アップルはそんなことはしないと思うというのは分かっていますが、なんだかなと思いました。

 

アップルの窓口に連絡

アップルはAppleサポートから自分の電話番号を入力すると、アップルの方から電話を掛けて来てくれます。

電話に出て、ナビゲーション通りにボタンをプッシュすると、すぐにオペレーターに繋がります。

ユーザー側に電話料金が掛かりませんし、イタズラ電話も防げるとすると、なかなか考えられたシステムだなと思いました。

状況をお伝えして、確認してもらったところ、

アップル窓口

第三者からの不正利用が認められたため、請求をストップします。

とのことでした。

  • 僕のApple IDにログインしてもカード情報を見ることは出来ない(僕のApple IDに第三者が不正ログインしてカード情報を読み取った可能性はない)
  • 第三者からの利用であった
  • 第三者の情報は開示できない
  • 過去の履歴も確認したが、2件のみであった
  • 請求はアップルでストップする
  • 今後iTunes Store上で同楽天カードを使用できなくする
  • どこかからカード情報が流出して、iTunes Storeで利用された可能性が高い

オペレーターの方の言い方ですと、アップル以外から流出した可能性が高い、ということを強調したかったのだと思います。

アップルで請求をストップしたので、その旨を楽天に知らせる必要はないかもしれませんが、カード情報が流出した可能性が高いので、楽天に連絡してカードの停止と再発行をしてもらう必要があります。

 

再度、楽天の窓口に連絡

先ほどの楽天お客様窓口のナビダイヤルに再度電話します。今回は、なぜまた接続料金が掛かるのか!?と冷静に電話できます。

アップルにて請求をストップした旨を伝えたところ、

  • アップルから楽天まで請求ストップの処理が行くまでに2~3週間かかる場合がある
  • 支払日に間に合わなかったら一旦引き落とし処理となる
  • その場合、来月の請求金額から相殺か返金処理となる

との説明でした。

また、第三者にカード情報が漏れたということで、電話で現カードの利用停止、新カードの発行手続きをしていただきました。

  • 楽天ポイントは自動で引き継がれる
  • 楽天市場での商品購入時の利用カード情報登録は新カードを指定し直す必要が有る
  • 旧カードは利用できなくなるが、利用履歴は引き続き閲覧可能

新しいカードは再発行となるため、現在の年収などを考慮して再審査となるようでしたが、無事2日後に承認メールが来ていました。

 

今回の教訓

カード情報が漏れて第三者の不正利用が分かったとしても、どこから漏れたのか追跡することは出来ません。

また、不正利用かどうかは本人しか分からないので、自分で気付くしかありません。

クレジットカードの枚数を絞る、信用のある場所でしか使用しないなど対策は色々とありますが、個人情報は流出するときは流出してしまうので、ユーザーサイドからはどうしようもないのが現状です。しかも流出したことを僕らは知ることが出来ません。

ですので、カード情報は流出してしまうという前提でしようすることが肝心です。

  • 利用履歴は毎月確認しよう
  • 不正利用を確認したら、即停止即再発行

 

楽天カードに身に覚えのない請求が来た話まとめ

楽天カードと言えば、発行に係る敷居の低さから発行枚数が一番多いクレジットカードと言われています。

僕の楽天カードは、楽天市場しか使用していませんし、カードは押し入れで保管しているので、物理的にカード情報が読み取られる心配もありません。

状況から考えて、流出した場所は必然的に限られてくると思いますが、それ以上の特定は難しいのが現状です。

クレジットカードの危険性を理解したうえで、利用することが求められていると思います。そしてご利用は計画的に!

今回、僕の楽天カードに身に覚えのない請求に気付いたところから、時系列でやったことを書いてみましたが、他の方が同様の被害にあっても恐らく同じ処置をすることになるはずです不正利用かも!?と思うと不安になるかもしれませんが、今回の記事通りに実行いただければ、ひとまずは大丈夫だと思います。

もしかしたら今後被害に会うかもしれませんので、心の片隅に覚えて置いていただけるとうれしいです。