『勝手にフォーマット』に関する情報をサンセットスタジオのナカモトダイスケ氏からコメント頂きました

勝手にフォーマットはありえないと思います

サンセットスタジオによる動画が発端となったソニーα7 IIIが勝手にフォーマットされるという問題について、ナカモトダイスケ氏本人より『勝手にフォーマットはありえないと思います』というコメントをいただきました。

 

事の発端となったサンセットスタジオの動画について、僕なりの考察記事を書いていました。

サンセットスタジオのソニーα7 IIIで勝手にフォーマットされる発言の考察を書いてみる
今ネットで、ソニーα7 IIIを使用していると、突然SDカードのデータが消失する、あるいは勝手にフォーマットされるというというクチコミを見かけます。 僕も同クチコミは当初から認識していましたが、段々と声が大きくなってきたように

 

その記事をナカモトダイスケ氏本人のツイッターにてリツイートしていただき、ツイッター上で僕とナカモトダイスケ氏本人のやり取りがスタート。

特にお聞きしたった二点について、ご本人に直接ツイッターでお聞きしてみました。

(もちろん当ブログで紹介すると断った上でお聞きしています)

 

スポンサーリンク

勝手にフォーマットはありえないと思います

僕の質問

ホワイトアウトした時は、本当に「勝手に」「フォーマットした」のでしょうか?
フォーマットなら、背面液晶に「フォーマットしています」などという文字が出ると思います。
もしフォーマットであったならば「フォーマットしますか?」という選択肢は出ていましたか?

ナカモトダイスケ氏の回答

フォーマットという文言は出ておりません💡
仰る様に、”勝手にフォーマット”はありえないと思います。
これはあまり言いたく無いのですが、SEO対策を考慮しての発言です。
この事象が起きた際、海外の事案も含め「勝手にフォーマットされた」などのフォーマットという文言が多く見受けられました

— ナカモトダイスケ@新型ジムニーで日本一周中 (@nakamotoskywalk) December 4, 2018

https://twitter.com/nakamotoskywalk/status/1069916523634913282

 

その為YouTubeのSEO対策ワードにフォーマットとSONYの文言を入れる事で、問題が広がりSONYさんが動くのでは無いかと考え使いました。

合わせて”データの復旧がでた旨”を動画内で発言し矛盾を煽ってコメント数を稼いでいます。あざといですがSONYが調査しなかった為この方法になった事をお許しください

— ナカモトダイスケ@新型ジムニーで日本一周中 (@nakamotoskywalk) December 4, 2018

 

12/5 7時追記 これらのツイートは削除されてしまったため、現在はリンク切れとなっています。

 

以前の僕の考察記事でも、状況証拠から考えてフォーマットされたのではなく、ただ単にデータが破損しただけだろう、と書いていました。どうやら僕の読みは正しかったようです。

ナカモトダイスケ氏から『フォーマットの問題ばかりがフォーカスされるけど問題は”現場でフリーズして電池を抜かなければならない状況に陥る事”でありその点を問題視してるのが素晴らしい。』と前回のサンセットスタジオ動画に対する僕の考察記事で指摘していた着眼点も当たりだったようです。

 

使用していたSDカードはサンディスク Extreme

僕の質問

サンディスクのSDカードは何をお使いでしたか?
可能であれば、型式までご教示頂けると嬉しい限りです!
サンディスクのSDカードの一部に不具合があることが確認されています。
それに該当するという話であれば、話は早いと思います。

ナカモトダイスケ氏の回答

サンディスクのSDカードは使用しております。
ただ、巷で問題になっているProの方では無くSandisk Extreme)こちらの方です。
池田さんというプロカメラマンさんがSONY純正でもフリーズを確認しておりますので、フリーズに関して言えばサンディスクは全く関係ないと思っております。

— ナカモトダイスケ@新型ジムニーで日本一周中 (@nakamotoskywalk) December 4, 2018

 

ナカモトダイスケ氏にこちらですと張っていただいたアマゾンのリンクは、サンディスク Extreme PROの海外並行輸入品(型式:SDSDXVE-064G-GNCIN)でした。

 

不具合が報告されているサンディスクのExtreme PROシリーズであれば、フリーズの原因の可能性が高かったわけですが、PROシリーズではない方のExtremeシリーズを使用されていたとのことでした。

ちなみに、日本国内の正規品の型式は、SDSDXVE-064G-JNJIPです。

 

 

なぜフォーマットという言葉を使ったのか

ナカモトダイスケ氏のコメント

ネットである事ない事書かれるのは、表に立つ人間なので外野で議論して頂く分には全く気にしてません☺️

僕の役目は賛否を沸かせて問題を表面化させ、メーカーを動かし皆が安心して使える様になる回答を促す事です。 僕の発言が正しいかどうかはどうでも良く、議論が沸く事が大切なのです。

— ナカモトダイスケ@新型ジムニーで日本一周中 (@nakamotoskywalk) December 4, 2018

 

荒っぽい方法にはなりましたがシナリオ通りで満足です✨

批判的な意見の方も含め反応して下さった方々には感謝しておりますので、弁解も誤解を解く行動もしません。 当該の問題が起きた後でも僕はSONYの素晴らしさを発信し続けております😊

大好きなメーカーなので、ユーザー全員で応援しましょう!

— ナカモトダイスケ@新型ジムニーで日本一周中 (@nakamotoskywalk) December 4, 2018

Twitter

 

ナカモトダイスケ氏本人が仰っていたことですが、実際にはフォーマットされてはいないと思っていたものの、ナカモトダイスケ氏が使用していたカメラで頻発したフリーズする事象をソニーに認識してもらうために、敢えてフォーマットという注目されやすいキーワードを用いたのだそうです。(ナカモトダイスケ氏本人の言葉を借りれば、SEO対策を考慮しての発言だった)

このような炎上を狙う方法は賛否両論あると思いますが、ナカモトダイスケ氏はソニーに騒ぎを認識してもらって満足しているとも語っています。

僕がナカモトダイスケ氏とやり取りをしていて感じたことは、ソニーの対応に不満を持っている、ということです。

  • 結婚式という重要な場面でフリーズしたこと
  • フリーズが発生するため、ソニーに修理に出したが問題なしで返却されたこと
  • 問題ないはずなのにやっぱりフリーズが発生すること

一度問題なしとメーカーに言われた商品を問題があると認めさせるには、相当な労力がいることは容易に想像できます。ソニーという大企業であればなおさらです。

そんな経緯で、ナカモトダイスケ氏は今回、少し過激な手段を用いたのだと思います。

 

なぜフリーズするのか

フォーマットはしていなかった可能性が高いということはナカモトダイスケ氏本人からのコメントでハッキリしましたが、フリーズするという事象についてはまだシコリが残っています。

ナカモトダイスケ氏のカメラ単体の問題なのか、共通の問題なのか

ナカモトダイスケ氏はフリーズが頻繁に起こると言っていることから考えて、ナカモトダイスケ氏のカメラ単体がフリーズしやすいのではとも考えられます。

僕のカメラもごくたまにフリーズに似たような症状はありますが、すぐに復旧しますし、特に気にしたことは今までありませんでした。

ナカモトダイスケ氏のカメラ単体の問題なのか、共通の問題でまだ表面化していないだけなのかは、ソニーの解析結果を待つしかありません。

サンディスクのSDカードの相性問題

ナカモトダイスケ氏の使用していたSDカードはサンディスクExtremeであり、不具合が報告されているExtreme PROシリーズではありませんでした。

Extreme PROシリーズについては、サンディスクが不具合を認めましたが、不具合があるカードは他にもあるという可能性はまだ残っています。SDカードの相性問題は昔から言われてきましたからね。

また、サンディスク以外のメーカーのSDカードでもフリーズ問題は出ているというクチコミも見かけますが、SDカードの中身はサンディスクのOEMだったりすることもあるので、意外と奥が深い問題かもしれませんね。

タムロンレンズの相性

ナカモトダイスケ氏が使用していたタムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXDが原因という可能性がゼロとは言えないかもしれません。

ナカモトダイスケ氏がフリーズ後に修理に出した時は、タムロンのレンズはタムロンに、ソニーのボディはソニーにそれぞれ修理に出したはずです。それぞれ単体では問題が発生しないものの、レンズとボディを組み合わせると症状が発生することも十分あると思います。

一部では、タムロン製レンズでも症状が出たというクチコミもあるようですが、正直なところ、タムロンに起因するのか、他のレンズも同様なのか、あるいはレンズは関係ないのか真偽のほどは良く分かりません。ネット上の情報なので尚更ですね。

ソニーの調査結果を待ちましょう

勝手にフォーマットされる、などという致命的な不具合の可能性は低いということがハッキリした今、これ以上騒いで事を荒立てる必要はありません。

どうやらソニーが騒ぎを聞きつけて現在対応しているようですので、ソニーの調査結果を待つのが良いでしょう。

 

勝手にフォーマットなどというクチコミを見たらぜひ訂正を

好きなメーカーが悪く言われるのは、やはり心苦しいものです。

ネット上で、ソニーα7 IIIは勝手にフォーマットされる最悪なカメラだ、などというクチコミやツイートを見たら、ぜひとも訂正否定をお願いできればと思います。

その際の根拠として、当ブログや当記事が役に立つのであれば、いかようにでも引用していただいて構いません。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

 

勝手にフォーマットはありえないと思うというコメントまとめ

サンセットスタジオのナカモトダイスケ氏から詳細状況を教えていただきましたので、その内容を公開する記事を書いてみました。

やはり、勝手にフォーマットはされていなかった可能性が高いのでひと安心ですが、一部の方のカメラはフリーズするという事象を主張していることも事実です。

ここまで炎上しかけた事象ですので、例え問題がなかっとしてもソニーには何かしらの回答を期待したいところです。

ソニーのカメラは素晴らしいとみんなに思ってもらえるように、当ブログではソニーの良さを伝え続けていきたいと思います。

 

【12/6追記】ナカモトダイスケ氏から今回の事象に関する動画が投稿されました

Yahoo!ニュースになったα7IIIの事案、「勝手にフォーマットされない。」発言の真意について。

僕のブログも、動画の冒頭で着眼点が良いブログとしてご紹介していただいています。

この場を借りてお礼申し上げます。

また言及されている内容についても、コメント欄含めて確認済です。

 

記事タイトルについては、動画内でご助言いただいたので、少し表現を変更しました。

確かに、タイトルだけを見て判断する方や、もしかしたら斜め読みする方もいるかもしれません。

ただし、SEO的には『勝手にフォーマット』というキーワードは、ナカモトダイスケ氏の動画が発端となった一連の不具合事象の説明には必須なので、そこは残してあります。

 

頂いたコメントは、実際にフォーマットしていたかは定かではないという情報だけでも有益でしたが、今回新たに公開された動画5分前後で述べられていた、今回の一連の出来事の本質はにある点についても同意です。

ソニーお客様窓口はチャットやLineでも問い合わせが出来るので、僕もダメ元で聞いてみようと思います。
(詳細はお答えできませんと言われそうですが)

 

ネットに点在する情報だけで真偽を判断することは出来ませんが、結果的にソニーが動いたのであれば意味はあったのかもしれません。

先のツイートにあるように、議論が沸くことが大切ということならば、僕の記事もその議論の一助になってたとしたら、頑張って書いてみた甲斐があるというものです。

今後、ソニーから何らかの報告や進捗がありましたら、このブログでもぜひ取り上げたいと思います。

 

ぽんこ趣は、今後も皆さまに有益となる情報をお届けしていければと思っています。