星野リゾートの『界 日光』に宿泊! 東京からの無料送迎バスがうれしい

星野リゾート 界 日光国内旅行

星野リゾートのホテル『界 日光』に宿泊してきました。

冬季限定にはなりますが、東京駅より無料送迎バスもあり、お得感満載の界 日光を紹介します。

 

スポンサーリンク

星野リゾート 界 日光

星野リゾート 界 日光

星野リゾート 界 日光

『界 日光』は、日光東照宮で有名な栃木県の日光にある星野リゾートのホテルです。いわゆる奥日光と呼ばれる地域に位置しています。

小高い丘の上にあるため、中禅寺湖を臨むように立地しています。

星野リゾート 界 日光

星野リゾート 界 日光

外観は至って普通の旅館のようですね。

界 日光へのアクセス

車で行くかJR日光駅あるいは東武日光駅から東武バスで40分です。

冬季期間のみ東京より無料送迎バスが出ているので、ぜひ活用してみてください。

冬季限定の無料送迎バス

無料送迎バス

無料送迎バス

毎年12月から3月まで東京から界 日光まで星野リゾートが用意する無料送迎バスが運行しています。

栃木県には『界 日光』の他に、『界 川治』と『界 鬼怒川』がありますが、東京からの無料送迎バスがあるのは界 日光だけです。電車や車でも行くことはできますが、交通費もそれなりに掛かると思いますので、無料送迎バスはうれしいサービスです。

毎年7月頃に、その年の冬季無料送迎バスのアナウンスがあります。ご参考までに、下記は今年の無料送迎バスの案内です。

運行期間2018年12月1日宿泊~2019年3月31日宿泊
※運行除外日:2018年12月28日宿泊~2019年1月5日宿泊
料金宿泊者無料
予約方法事前予約制(先着順)界予約センター(TEL 0570-073-011)
予約受付締切宿泊日2日前20:00まで
運行スケジュール
(予定)
<往路>
11:20 東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場出発
14:00 日光東照宮着(乗降車自由)
14:05 日光東照宮発※日光東照宮乗降車場所:冨士屋観光センター
14:35 界 日光到着
<復路>15:30 界 日光出発
16:00 日光東照宮着 (乗降車自由)
16:05 日光東照宮発※日光東照宮乗降車場所:冨士屋観光センター
18:45 東京駅周辺到着

僕も今回無料送迎バスを利用しました。席は満席だったので、無料送迎バスを検討される方は早めの予約をおすすめします。

無料送迎バスを活用したモデルプラン

無料送迎バスは、東京を出発して途中、日光東照宮に寄りますので、そこで降りて観光をすることも可能です。

その場合、界 日光までは路線バス(一人1,000円ほど)かタクシー(7,000円ほど)で向かうことになります。帰りの便も同様に日光東照宮で降車あるいは乗車することができます。

無料送迎バスは一日一便なので、時間から考えて帰りに日光東照宮に行くプランが良いと思います。日光東照宮までは路線バスで向かい、日光東照宮からは無料送迎バスで帰ってくるプランです。

一日目

11:20 東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場出発
14:35 界 日光到着、およびチェックイン
~中禅寺湖周辺観光~
18 : 00 夕食
19 : 00 下駄談義

2日目

8 : 00 朝食
9 : 00 朝風呂
11 : 45 界 日光発(中善寺温泉バスターミナルへの無料送迎)
12 : 00 中善寺温泉バスターミナル発(東武の路線バス)
12 : 40 西参道入り口着(日光東照宮最寄のバス停)
~日光東照宮周辺観光~
16:05 日光東照宮発(界 日光の無料送迎バス)
18:45 東京駅周辺到着

界 日光の料金を見てみる

 

界 日光に宿泊してみて

ロビー

界 日光のエントランス

界 日光のエントランス

エントランスに入ると、写真映えスポットが続きます。

なるほどと思いながら進むとロビーがありますが、先程の写真映えスポットと比べると思いの外シンプルなロビーです。

界 日光のロビー

界 日光のロビー

また、ロビーの隣にはラウンジがあり、コーヒーやお茶が無料です。

部屋

部屋は中禅寺湖ビューの部屋を予約していましたが、2階だったので湖畔にあるショップの屋根が目に入ってきます。ちょっと残念。

界 日光の部屋

界 日光の部屋

部屋の全体的な雰囲気は、昔ながらの和室の中央にで~んと和洋折衷のベッドが置かれている感じです。

界 日光の部屋

界 日光の部屋

安物でも良いのでは、花とか壁に掛け軸とかあったらもう少し雰囲気が出るかもしれませんね。

甘酒が振舞われます

甘酒が振舞われます

甘酒を飲みながら、部屋で仲居さんから全体的な説明を受けました。

界 日光のご案内

界 日光のご案内

界 日光のご案内

界 日光のご案内

浴衣の他に、ロビーで作務衣も貸してくれます。夕食は18時、朝食は8時です。

夕食

夕食のお品書き

夕食のお品書き

夕食のお品書き

夕食のお品書き

お品書きには、多数の料理名が書かれているので、相当な量なのかと思いましたが、少量ずつなので全体量としてはちょうど良い感じでした。

界 日光の夕食

界 日光の夕食

夕食の目玉は石で焼くお肉料理でしょう。目の前で焼いてくれます。

牛肉の石焼

牛肉の石焼

牛肉の石焼

牛肉の石焼

日光下駄談義

日光下駄談義

日光下駄談義

19時より料理処の隣にある舞台で日光下駄談義が楽しめます。

日光下駄談義

日光下駄

日光下駄とは、下駄の耐久性と草履の快適性を両立した日光の伝統品だそうです。近年日光下駄を作る職人の数が減ってきて、日光下駄が廃れてしまうのを危惧して、このような談義を行っているそうです。

日光下駄談義

日光下駄でダンスも出来る

日光下駄の説明の後は、日光下駄を履いて飛んだり跳ねたり、舞台上で踊って見せてくれます。どんなダンスだったかは行ってみてのお楽しみです。

朝食

朝食のお品書き

朝食のお品書き

界 日光の朝食

界 日光の朝食

朝食の豆乳湯波鍋

朝食の豆乳湯波鍋

豆乳湯波鍋を中心としたやさしい朝食でした。朝ごはんはこれくらいの量がちょうど良いですね。

 

あわせて見たい観光スポット 華厳の滝

中禅寺湖周辺の観光マップ

中禅寺湖周辺の観光マップ

中禅寺湖の周りには多数の観光スポットがありますが、中でも有名なのは華厳の滝です。

界 日光から歩いて15分ほどですが、この日は生憎の天気のため、かなり遠く感じました。

華厳の滝の案内所

華厳の滝の案内所

華厳の滝が見える展望台へはここからエレベーターで向かいます。

係の方に「霧で見えないかも」と聞いていたので、あまり期待せずに向かいましたが予想が的中。展望台に到着すると、残念ながら霧でほとんど目視が出来ないくらいでした。

華厳の滝

華厳の滝

Lightroomで目一杯持ち上げてみると、何とか滝の全貌が見えてきました。これはこれで面白い写真かもしれませんね。

紅葉シーズンはかなりの人が訪れるそうです。紅葉シーズンにまた見に来たいと思いました。

 

星野リゾート 界 日光 まとめ

星野リゾートの界 日光に宿泊してきたので、その様子と周辺のおすすめ観光スポットを書いてみました。

OMO5 東京・大塚に引き続き星野リゾートのホテルに宿泊しましたが、雰囲気が全く異なり、ある意味新鮮でした。

同じ星野リゾートでもホテルによって全然違うのだと思うと、他の星野リゾートにも興味がわいてきました。機会があったらぜひ宿泊してみたいと思います。

界 日光の料金を見てみる
撮影に使用したカメラ
ソニー α7 IIIからα7R IIIに買い換えた理由は高画素、高感度、そして価格
僕はソニー α7 IIIを愛用していましたが、この度ソニー 『α7R III』に乗り換えることにしました。 今回は改めてα7 IIIとα7R IIIの比較をしながら、僕がα7 IIIからα7R IIIに乗り換えるに至った理由を書きたい
寄れる最強の旅行レンズ! ソニー FE 24-105mm F4 G OSS (SEL24105G) レビュー
ソニーの標準ズームレンズ『FE 24-105mm F4 G OSS』をレビューしたいと思います。
星野リゾートに関する新着記事一覧
星野リゾートの『界 日光』に宿泊! 東京からの無料送迎バスがうれしい
隠れ家のような星野リゾートの都市型ホテルOMO5 東京・大塚に宿泊してきた

 

タイトルとURLをコピーしました