サファリゲーム

DSC07525.JPG

サファリゲームについて説明します。

スポンサーリンク

サファリゲームとは

動物を見ることを目的としたアクティビティです。

基本は、朝と夕方の2回にホテルの車でサファリゲームに向かいます。

朝と夕方は動物が活動しており、サファリゲームに適した時間帯となっています。

モーニングサファリ

朝に行うサファリゲームです。色々なケースがあります。

  1. 朝食を食べずに行き、サファリから帰ってから朝食をとる
  2. 朝食を済ましてからサファリに向かう
  3. サファリ中に朝食(ホテルが用意した軽食)をとる

イブニングサファリ

夕方に行うサファリゲームです。昼食をホテルで済ませて夕方に出発し、日が沈む前にホテルに戻ることが多いです。

フルデイサファリ

サファリを朝と夕方に分けずに、一日を通してサファリを行います。昼食はホテルが用意したランチボックスを食べることになります。

ホテルによっては、対応不可であったり追加料金がかかる場合があります

長時間サファリを行えるため、ホテルから離れた場所に行けたりレアな動物に出会えるチャンスが広がります。

ナイトサファリ

夜間にサファリを行います。追加料金がかかる場合がほとんどです。僕は未経験です。

ウォーキングサファイ

歩いてサファリを行います。追加料金がかかる場合がほとんどです。こちらも僕は未経験です。

ホースバックサファリ

DSC05396.JPG

馬に乗ってサファリを行います。実施可能なホテルが限られており、マサイ・マラ周辺ではキリマ・キャンプでホースバックサファリができます。キリマ・キャンプの場合は一時間あたり40ドルでした。

バルーンサファリ

DSC04101.JPG

バルーンに乗ってサファリを行います。料金は300ドル~500ドルと少し高め。事故もあるそうなので、自己責任で。

 

サファリゲームの決め方

DSC06843.JPG

基本的には、ゲームを行う前日にドライバーと相談して何を行うか決めます。ほとんどの場合は他の旅行者と乗り合いになる場合が多いため、100%希望が通るとは限りませんが、自分の希望を伝えましょう。

  1. 何時ごろ出発するか
  2. 何時ごろ帰ってくるか
  3. 何の動物を見たいか

だいたいの希望をドライバーに伝えると、いい感じのスケジュールを考えてくれます。

僕はと言うと、フルデイで豹とチーターが見たい!と言っていたので、ドライバー泣かせだったかもしれません。笑

マサイ・マラへ訪れる方のほとんどがハネムーンカップル子供連れの家族オジサマ/オバサマ夫婦で、そのような方々はフルデイはあまりやりたがらないのです。

また、基本的には同じドライバーが滞在中は通しで担当してくれることが多いようです。

同じドライバーであれば、この動物は見た、あの動物は見ていない、とこちらの考えを組んでくれます。

サファリゲームの料金

車、ドライバー、ガイド

基本的にはホテル代金に含まれている場合がほとんどです。

ドライバー兼ガイドとしてホテルの従業員が一名乗車します。

booking.comやexpedia等のホテル予約サイトの場合はサファリゲームが別途となっているプランもあるようですので注意が必要です。

入園料

保護区でサファリゲームを行うために、必要な料金です。基本的にはホテルの宿泊料金には含まれていません。ホテル経由で保護区に支払われるため、ホテルに支払う料金には宿泊料の他にこちらの入園料が必要です。

保護区外のホテルの場合、一日当たり80ドル程度です。

保護区内のホテルの場合、一日当たり70ドル程度です。

ホテル経由で保護区に支払われるため、料金は一律です。

チップ

ドライバーやガイドは一日当たり20ドルが相場のようです。20ドルは乗車した全員の合計なので、2組乗った場合は10ドルずつで良い計算です。ただし、チップは感謝の気持ちですので、大目に渡しても問題ないはずです。僕はフルデイをやってくれた時は大目に渡しました。

チップを渡すタイミングは、一日の終わり毎なのか、最終日にまとめてなのか、ホテルによって文化が異なるようです。最終日に渡すつもりが途中でドライバーが変わってしまったりしたら、ややこしいですよね。どうすれば良いかはホテルの人やドライバーにこっそり聞いてみてもよいかもしれません。

サファリ中にやること

動物をみる/写真が撮る

ほとんどの方が動物を見る、あるいはカメラで動物を撮影することをサファリの目的としているため、車を止めてもらうことは自然な行為です。

飲食

ナッツやドリンクが車に用意されています。アルコールもあります。

トイレ

他にも用を済ませたい方がいるかもしれないので、恥ずかしがらないで。

大をする場合は、事前に対策を!(ティッシュは自然分解されないため、持ち帰る必要があります)

ドライバーの指示なく、車から降りることは絶対にしてはいけません。ライオンの餌食です。

 

ケニア
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
フォローもお願いします!
ぽんこ

カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。
SNSもフォロー大歓迎です!

SNSもチェック!
シェアしていただけると喜びます!
ぽんこ趣