周辺機器

写真バックアップ保存用4ベイNAS Synology DiskStation DS418を選んだ理由

写真データ容量が増えがちなソニーのα7R IIIを購入したこともあって、Amazonのプライムフォトなどを積極的に活用しながら写真を保存しています。 やはりLightroomなどの現像ソフトで処理するには、ローカル環境にも保存
ボディ

ついにソニー α7 IIIとキヤノン EOS Rの価格が逆転! ニコン Z6も価格下落中

価格.comの最安値において、2018年3月発売のソニー α7 IIIと2018年10月発売のキヤノン EOS Rの価格がついに逆転しました。 キヤノン EOS Rはどこまで値下がりが続くのでしょうか。と思ったらニコン Z6も
ボディ

フルサイズミラーレス一眼カメラのメーカー別(ソニー・キヤノン・ニコン)2018年シェアを計算してみた

2018年はキヤノンからEOS R、ニコンZ6およびZ7が発売となり、フルサイズミラーレスカメラ市場が賑わった年でした。 2018年終了時点で、メーカー別のフルサイズミラーレスカメラのシェアがどれくらいなのか計算してみました。
ボディ

ソニー α7 IIIやα7R IIIのISO AUTO低速限界設定を理解すれば手ブレを抑えてキレイに撮影できる

僕がソニー α7 IIIやα7R IIIで気に入っている機能のひとつは『ISO AUTO低速限界』設定です。 あまり気にされたことが無い方も多いかもしれませんが、他メーカ―の同機能と比べて優秀な機能と言えます。 この機能
ボディ

ソニーα9/α7R III/α7 III,キヤノンEOS R,ニコンZ7/Z6は測距で開放絞りか実絞りかをまとめてみた

ソニー α9/α7R III/α7 III、キヤノン EOS R、ニコン Z7/Z6と各社から発売されているフルサイズミラーレスカメラの測距時の絞り動作をまとめてみました。
ボディ

ソニー α7 IIIやα7R IIIの測距は開放絞りでも実絞りでもないことが判明

ソニーα7 IIIやα7R IIIはミラーレスカメラなので、測距時に開放絞りなのか実絞りなのか、気にしない方が多いかもしれませんが、僕は気になったので調べてみたところ、実はそのどちらでもないということが分かりました。
国内旅行

日本三大イルミネーションのあしかがフラワーパーク『光の花の庭』を見に行ってきました

あしかがフラワーパークにイルミネーションを見に行ってきました。
カメラ

2018年買って良かった物と2019年に期待したい物ベスト3

2018年は、『ぽんこ趣』ブログを始めた記念すべき年となりました。 まとめの意味を込めまして、2018年に買って良かった物と2019年に期待したい物を書いてみたいと思います。
国内旅行

また行きたい体験型動物園『那須どうぶつ王国』は大人も子供も楽しめる

那須にある動物園『那須どうぶつ王国』に行ってきました。控えめに言って最高の動物園でした。