新神戸駅・三ノ宮駅からほど近い神戸北野異人館はフォトウォークにちょうど良い観光スポット

神戸北野異人館街の街角地図 国内旅行

神戸に行った際に、神戸観光で有名な神戸北野異人館に行ってきました。

昔ながらの洋館が残っており、お写んぽ(フォトウォーク)に持ってこいの観光地でした。

 

神戸観光の際に、あわせて行った竹中大工道具館もおすすめです。

ここは美術館?博物館? 竹中大工道具館は建物も展示も写真映え満載
新神戸駅からほど近い竹中道具大工館に行ってきました。 神戸の観光スポットの中ではイチオシなので自信を持っておすすめします。

 

スポンサーリンク

神戸北野異人館

神戸北野異人館街の街角地図, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

神戸北野異人館街の街角地図, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

神戸市中央区北野町あたりには西洋の御屋敷が今も残っており、そのエリアを北野異人館街と呼ばれています。

元々は各個人宅であったり領事館であったりしたようですが、現在はそのほとんどが観光地として活用されています。

場所は?

新神戸駅と三ノ宮駅(三宮駅・神戸三宮駅・JR三ノ宮駅)のちょうど中間あたりに位置しており、どちらの駅からも15分程度で歩いていけるくらいのエリアです。

料金は?

うろこグループの異人館地図, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

うろこグループの異人館地図, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

異人館街といっても各建物は別々の運営となっており、異人館によっては入場料が掛かります。

例えば、うろこグループの共通入場券は7館共通となっており、全部回ろうと考えている方はお得です。

風見鶏の館9:00~18:00
(4月~11月)
9:30~17:00
(12月~3月)
500円2館
共通券
650円
萌黄(もえぎ)の館350円
ラインの館無料
うろこの家とうろこ美術館9:30~18:00
(4月~9月)
9:30~17:00
(10月~ 3月)
1,050円7館
共通券
3,000円
山手八番館550円
北野外国人倶楽部550円
坂の上の異人館550円
英国館750円
洋館長屋(仏蘭西館)550円
ベンの家550円
神戸トリックアート館
<不思議な領事館>
800円
香りの家オランダ館9:00~18:00700円3館
共通券
1,300円
ウィーン・オーストリアの家500円
デンマーク館500円
神戸北野美術館9:00~17:30500円
プラトン装飾美術館
(イタリア館)
9:30~17:00700円
グラシアニ邸11:30~14:30
17:00~21:00
なし
東天閣11:30~21:00なし
北野工房のまち10:00~18:00なし

 

北野異人館をお写んぽ(フォトウォーク)

ラインの館(旧ドレウェル邸)は無料で入れる, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

ラインの館(旧ドレウェル邸)は無料で入れる, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

僕は入場券は購入せず、無料で見られるところを中心に見て回りました。ラインの館は最近リニューアルオープンしたばかりです。

ラインの館の室内には当時の机や椅子が展示, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

ラインの館の室内には当時の机や椅子が展示, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

ほんの一週間前にリニューアルしたばかりということもあって、室内も綺麗でした。

有料の異人館が多いですが、室内に入っても国宝レベルの展示があるわけでもないので、外観だけで十分楽しめた感じです。

異人館街は丘陵地帯にあり、かなりの坂道です。ビバリーヒルズ然り、昔も坂の上が人気だったのですね。あたりは完全な住宅地となっており、所々点在する異人館が異質な雰囲気を漂わせています。

本家オランダ館は閉館, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

本家オランダ館は閉館, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

人気の異人館は整備されていますが、人気のないところは廃墟となっていました。これはこれでお写んぽ的には面白いです。

GWに行ったので、かなりの人混みでした、特にうろこの館は入り口の外にも列がありました。

風見鶏の館も人気スポット, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

風見鶏の館も人気スポット, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

北野町広場の脇にある萌黄の館, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

北野町広場の脇にある萌黄の館, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

北野町広場では、大道芸や路面販売なども行われており、多数の観光客で賑わっていました。ここには風見鶏の館や萌黄の館があります。

北野坂ではフラワーアレンジメントのイベント中本家, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

北野坂ではフラワーアレンジメントのイベント中, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

メイン通りであろう北野坂ではイベントを開催中でした。生花のオブジェがありましたが、ちょっとお花が勿体ない気が。

スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

ここには洋館を活用したスタバもありました。案の定混んでいたので入れず。

 

フロインドリーブ 本店でローストビーフサンドイッチはいかが?

北野異人館街近くのフロインドリーブ 本店, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

北野異人館街近くのフロインドリーブ 本店, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

お腹がすいたら、北野異人館街から少し歩いたところにあるフロインドリーブの本店でローストビーフサンドイッチはいかがでしょうか?

3Fのカフェは教会そのもの, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

3Fのカフェは教会そのもの, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

フロインドリーブ 本店は教会を改装したカフェで写真映えも期待できます。

ローストビーフサンドイッチが有名, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

ローストビーフサンドイッチが有名, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

少しお高めの価格ですが、ローストビーフサンドイッチが有名です。2人でシェアするつもりでサラダも頼みました。

サラダも食べ応え十分, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

サラダも食べ応え十分, Nikon Z 6 + Nikkor Z 14-30mm f/4 S

シェアするつもりで注文しましたが、ローストビーフサンドイッチ・サラダ共にボリューム満点でむしろ他に頼まなくて良かったと思います。

カフェでひと休憩くらいの気持ちでしたが、思いのほか食べ応えがあり、軽食というより普通にご飯くらいになってしまいました笑

時間帯によっては少し待つかもしれませんが、お腹を満たしたい方にはおすすめです。

 

北野異人館をお写んぽ(フォトウォーク) まとめ

今回紹介した北野異人館は新神戸や三ノ宮からアクセスの良い立地のため、多くの観光客で賑わっていました。

普通の住宅エリアに突如として洋館が点在する様はまさに異人館街といった雰囲気です。

朽ちていく洋館もあり、それもまた異質な雰囲気を楽しむことが出来ます。

お金を払って異文化に触れたいという方はもちろんですが、散歩がてら写真撮影を楽しみたいという方にとっても面白いところだと思います。

使用したカメラ
ニコン Z 6レビュー! 良いと思ったところともう一歩だと思ったところと我慢できるところ
ニコンから発売されたフルサイズミラーレスカメラ『Z 6』のレビューを書いてみたいと思います。
Nikon NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
アップル専門店「PLUSYU楽天堂」
¥ 164,700(2019/05/31 00:41時点)
タイトルとURLをコピーしました