フルサイズミラーレス一眼カメラのメーカー別(ソニー・キヤノン・ニコン)2018年シェアを計算してみた

フルサイズミラーレスカメラのメーカー別シェア ボディ

2018年はキヤノンからEOS R、ニコンZ6およびZ7が発売となり、フルサイズミラーレスカメラ市場が賑わった年でした。

2018年終了時点で、メーカー別のフルサイズミラーレスカメラのシェアがどれくらいなのか計算してみました。

 

スポンサーリンク

知りたいのは月別ではなくて累計なんだよ

BCNフルサイズミラーレスカメラ販売台数シェア

フルサイズミラーレスカメラの売上ランキングというものが世の中にいくつか存在しますが、ある程度信用できるデータのひとつとしてBCNが挙げられます。

BCNは全国販売店のPOSデータを集計して結果を公表しており、パソコンの場合ですと日本の店頭市場の約4割をカバーしているそうです。

そんなBCNが2018年12月までのフルサイズミラーレスの販売シェアを発表しました。

フルサイズミラーレス年末商戦はソニーが圧勝 - BCN+R
フルサイズミラーレス一眼市場は戦国時代に突入した。その幕開けとも言うべき2018年の年末商戦は、ソニーが66.4%の販売台数シェアを獲得して圧勝した。

 

シェアと書いてあるので、累計販売台数のシェアだと勘違いする方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、上の記事は月毎の販売台数の割合なのです。

興味があるのは、月毎の販売台数じゃなくて、累計のメーカー別シェアなんだけどな。

 

メーカー別累計販売台数シェアを計算してみた

個人的に皆さんがどのメーカーのフルサイズミラーレスカメラを使用しているのか興味があったので、計算してみることにしました。

前提条件

BCNの資料では、ソニー・キヤノン・ニコンの月毎の販売台数割合しか記載がありませんので、実際の販売台数がそれぞれ何台なのかは分かりません。

そこで、パーセンテージを無理やり台数に置き換えて計算してみたいと思います。

例えば、2018年12月でしたら、ソニー66.4%、キヤノン17.5%、ニコン16%なので、ソニーが66.4台売れて、キヤノンが17.5台売れて、ニコンが16台売れたと置き換えて計算することになります。

また、BNCのデータは2018年4月以降となっていますが、2018年4月以前もソニーの月毎販売台数シェアが100%近かったと予想されるので、2018年1月~3月はソニー100%、キヤノン0%、ニコン0%としたいと思います。

さらに、ソニーは2013年からフルサイズミラーレスカメラを販売しているので、2013年から計算してしまうと、完全に不公平となるので、2018年1月以降からとしたいと思います。

ソニーのシェアが89%

ソニーキヤノンニコン
2018年1月100
2018年2月100
2018年3月100
2018年4月99.7
2018年5月99.5
2018年6月99.1
2018年7月99.5
2018年8月927.6
2018年9月79.18.112.3
2018年10月6722.110.4
2018年11月64.32114.6
2018年12月66.417.516
累計販売台数1066.668.760.9
累計販売台数シェア89.2%5.7%5.1%

キヤノンは9月から計上、ニコンは8月から計上されているのに対し、ソニーが1月から計上されていて不公平だ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、僕がここで計算したのは累計販売台数のシェアなので不公平だとは思っていません。

今までに売れた台数なので、このシェアがそのまま街で見かけるフルサイズミラーレスカメラのメーカーの割合になると言っても過言ではないと思います。。

街でフルサイズミラーレスカメラを見かけたら、89.2%の人がソニー、5.7%の人がキヤノン、5.7%の人がニコンのカメラを持っている可能性が高い、ということを示しています。

2018年1月からの集計で89.2%ということは、ソニーは2018年以前からフルサイズミラーレスカメラを販売してきているわけですから、2013年から集計したとしたら90%は軽く越えてきそうですね。

2019年終了時点でもソニーのシェアは78%

このままの販売台数が続いたとしたら2019年終了時点でどれくらいのシェアになるのか予想してみたいと思います。

2018年12月の月毎販売台数シェア、ソニー66.4%、キヤノン17.5%、ニコン16%という販売シェアがずっと続いたとして計算してみました。

2018年の販売台数を引き継いだとして、その他の条件は同様です。

ソニーキヤノンニコン
2018年累計販売台数1066.668.760.9
2019年1月66.417.516
2019年2月66.417.516
2019年3月66.417.516
2019年4月66.417.516
2019年5月66.417.516
2019年6月66.417.516
2019年7月66.417.516
2019年8月66.417.516
2019年9月66.417.516
2019年10月66.417.516
2019年11月66.417.516
2019年12月66.417.516
累計販売台数1863.4278.7252.9
累計販売台数シェア77.8%11.6%10.6%

2019年終了時点での累計販売台数は、ソニー77.8%、キヤノン11.6%、ニコン10.6%となりました。

2020年は東京オリンピック開催の年なので、80%近いシェアを持って2020年を迎えることが出来れば、ソニーとしては御の字ではないでしょうか。

もちろん、キヤノンやニコンはカメラやレンズの種類が徐々に増えていくでしょうから、2019年はシェアの変動がある可能性は高いと思います。

 

2018年フルサイズミラーレスカメラのメーカー別シェアまとめ

BCNから発表されているデータをもとに、2018年終了時点でのフルサイズミラーレスカメラのメーカー別シェアを計算してみました。

月毎の販売割合を無理やり台数に置き換えて計算しているため、正確かと言われれば、そうではないと思います。

だたし、フルサイズミラーレスカメラの全体販売数が月ごとに大きく変動していないとすると、傾向としては大きくズレていないと思います。

ソニーはこのまま販売数を伸ばしていってもらって、どんどんセンサーやレンズの開発費に回して欲しいものです。

キヤノン EOS R ボディ
カメラのキタムラ
¥ 191,888(2019/07/16 04:00時点)
Sony α7 IIIの下克上! ソニー α7IIIとα7RIIIを比較してα7 IIIを購入しました
僕はSony α7IIIとα7RIIIを比較して、α7IIIを購入しました。 決してα7 IIIの方が安いから選んだわけではありません。 両機種で迷われている方もいらっしゃると思いますので、なぜα7IIIを選択したかお伝えします
ソニー α7 IIIからα7R IIIに買い換えた理由は高画素、高感度、そして価格
僕はソニー α7 IIIを愛用していましたが、この度ソニー 『α7R III』に乗り換えることにしました。 今回は改めてα7 IIIとα7R IIIの比較をしながら、僕がα7 IIIからα7R IIIに乗り換えるに至った理由を書きたい

 

ボディ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
フォローもお願いします!
ぽんこ

カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。
SNSもフォロー大歓迎です!

SNSもチェック!
シェアしていただけると喜びます!
ぽんこ趣
タイトルとURLをコピーしました