もはや定番! Peak Design Slide Lite レビュー

_DSC3867.JPG

Peak Designの『Slide Lite』ストラップを紹介したいと思います。

以前はソニーα7 IIIにFE 55mm F1.8 Zをメインに使用しており、α7 IIIに標準で付属する純正ストラップを利用していました。

FE 24-105 F4 Gをほぼ付けっぱなしにするようになってから、標準ストラップでは肩にずっしりくるようになりましたが、ストラップをSlide Liteに変えてから重量感は軽減されたように思います。

スポンサーリンク

Slide Lite

アンカーリンクと呼ばれる簡単に着脱できる機構を持ち、スライド式でベルトの長さが簡単に調整付出来るストラップです。

Peak Designはアンカーリンクを軸にして、様々なカメラ用アクセサリーを発売しています。

ひとつでもPeak Designのアクセサリーを使用し始めると、次々とPeak Designの商品が増えていってしまいます笑

_DSC3868.JPG

Peak Designのeveryday backpack 20Lを購入したこともあり、同じアンカーリンクが使いまわせるSlide Liteを選択しました。

Backpackはチャコールを購入したので、ストラップの色はブラックです。

 

価格

最新価格は下記のリンクから確認が可能です。

 

アンカーリンク

アンカーリンクは、先端に丸いプラスチック製のアンカーが付いており、細い紐でカメラに取り付けるようになっています。

アンカーリンクは現在最新版がV4(4代目)で、私が今使っているものはV3(3代目)です。

アンカーリンクは耐荷重90kgとなっているため、簡単には切れませんし、摩耗しても内部の赤い箇所が露呈してくるため交換の目安が分かるようになっています。

V3は耐荷重そのままに紐の太さが細くなっていて、カメラの三角環を使わずに取り付けることが出来ました。

2018年7月ごろにPeak DesignよりアンカーリンクV3は使い方によっては切れる可能性があるため、V4に無償交換するというアナウンスがありました。国内で購入した方は代理店をしている銀一が交換窓口を担当しているようです。

僕はPeak Design公式ホームページから購入したため、メールでPeak Designから連絡がありました。

専用フォームにて申請したところ2週間くらいで届きました。
交換ではなくて支給だったようです。

個数も自己申告なので、悪いことを考えている人もたくさんいたように思います。

無償支給しちゃうあたり、Peak Designがいかに資金力があるかが分かります。

アンカーリンクV4はV3と比べて紐が太くなっているようです。

α7 IIIの金具にも問題なくつきました。

着脱には少しコツが要ります。

付けるには、手前のところに先端の丸い箇所を引っ掛けて、少し力を入れて引っ張ります。

外すには、丸い箇所を下に押し込んで少し手前に移動させ、受け部分をスライドさせます。

慣れると手元を見なくても出来ますが、慣れるまではヤキモキするかもしれません。

_DSC3873.JPG

受け部分が大きめなので、もう少し小さくなってくれたらなと思います。

バックパックに入れるときや防湿庫に収納するときはストラップを取り外します。

また、一脚や三脚に取り付けるときも引っ掛け防止のため取り外すことがあります。

最初は手間取りましたが、慣れれば片手で簡単に取り外すことが出来ます。また、取り外した後もアンカーリンクは見た目が主張していなくて良いと思います。

 

ストラップ

_DSC3872.JPG

シートベルトのような肌触りで高級感があります。その分重量がありますが。

長さの調整は、固定金具を持ち上げると移動でき、金具を倒すと固定されます。
ワンアクションで完了とはいきませんが、1.5アクションくらいで調整できます。

ストラップには中央1/3くらいの領域にゴムがついています。
恐らく固定金具の滑り止めだと思うのですが、これって要ります?
ゴムの箇所に固定するにはストラップをかなり短くしなければいけません。

滑り止めのゴムがなくともよっぽどの荷重が掛からなければ、僕が使用している限りではストラップが延びるようなことはないと思います。

 

底面プレート

FE 24-105 F4 Gのような比較的重いレンズを付けると、斜め掛けした際に重心バランスのためレンズが外側に向いてしまいます。レンズが外側に向くと邪魔になったり、レンズをブツけたりと、色々と厄介です。

Peak Designのストラップには、底面プレートが付属しており、それを用いるとレンズが下を向くように掛けることができます。

僕はReally Right Stuffのプレートを使用しているため、こちらは使用していませんが、Peak Designの底面プレートを使用するため方も多いと思います。

小型軽量で良いとは思いますが、このプレートを付けると三脚用底面プレートが取り付けられなくなってしまいます。

 

どこで購入したか

Everyday backpackと同時にピークデザインの公式オンラインショップから購入しました。

ネット上で10%クーポンを見つけましたので、少し安く購入することが出来ました。

メールマガジンやインスタグラム等でも定期的にクーポンを発行しているようですね。

 

こんな方にオススメ

  1. 着脱式のストラップを探している方
  2. ストラップを伸縮しやすいものを求めている方
  3. 他のピークデザインでアンカーリンクを使っている方
  4. 異なるカメラでストラップを使いまわしたい方

 

他に悩んだもの

Peak Design Slide

Slide Liteよりも幅が広いストラップになります。肩に当たる部分にクッションが入っているため、重量感は軽減されるかもしれません。

軽量であるα7シリーズを選んでいるのに大きなストラップを選ぶことは本末転倒です。

また、肩パットのため、折り畳みが出来ず小さくならないこともマイナスでした。

 

Peak Design Leash

Slide Liteよりも幅が狭いストラップになります。α7 IIIにFE 55mm F1.8 Zを常用しているのでしたらちょうど良いストラップですね。

FE 24-105 F4 Gを想定してるので、もう少し幅が欲しいかなと思います。

 

diagnl ニンジャストラップ

長さ調整が容易なストラップとして有名です。クチコミ等を見ると、ストラップの長さを短くした場合ストラップの余った部分がちゅうぶらりんとなることが指摘されており、僕もその部分が気になりました。

 

ARTISAN&ARTIST イージースライダー

こちらも長さ調整が容易なストラップです。ストラップが薄くてクッション性がほとんどないようですね。その割には高価に感じます。

Peak Designのストラップが気に入らなかったら、検討してみようと思っていましたが、Slide Lite結構気に入ってます。

 

MemoGraph(メモグラ) JETGLIDE

こちらも長さ調整が容易なストラップです。ストラップの幅が広い部分と細い部分の長さを購入時に選べるようです。こちらもPeak Designを買い替えるときに検討したいと思います。

JETGLIDE 3  Black&Red 50mm
MemoGraph(メモグラ)
¥ 6,381(2018/10/03 01:22時点)