安くて高性能! Godox TT350S レビュー

_DSC3880.JPG

Godoxから発売されているフラッシュ『TT350S』をレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク

Godoxとは

Godoxは中国のカメラ用照明を開発・販売しているメーカーです。

国内では、ケンコープロフェッショナルイメージングが国内代理店をしています。

Godox TT350S

スペック

_DSC3874.JPG

  • 対応カメラ:SONY
  • ガイドナンバー:36(105mm,ISO 100)
  • 露出制御:TTLオートフラッシュ/マニュアルフラッシュ
  • 同期モード:HSS(1/8000秒)、先幕、後幕
  • ワイヤレスフラッシュ機能:マスター、スレーブ、オフ
  • バッテリー:単三電池2本
  • 縦×横×奥:140×62×38mm
  • バッテリーなしの重量:200g

ソニー以外にもキヤノン、ニコン、フジ、オリンパス/パナソニック用があり、それぞれTT350C、TT350Nといったように、語尾にメーカーのアルファベットが付いています。

 

最新価格情報

Godox TT350S(ソニー用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ
Godox TT350C(キヤノン用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ
Godox TT350N(ニコン用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ
Godox TT350F(フジ用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ

正規品が15000円弱、平行輸入品が10000円弱で販売されています。

 

なぜGodox TT350Sを選んだか

_DSC3884.JPG

α7 IIIでの室内撮影で光量不足を補うため、クリップオンフラッシュを検討していました。

折角のミラーレスレス機器なので、フラッシュも軽量コンパクトなものが良いと思っていました。

また、フラッシュは消耗品というイメージがあったため、比較的安価な中華ブランドでも良いと思っていました。

条件

  • (GN)ガイドナンバー:40前後
  • 重量: 200g前後
  • 焦点距離レンジ:24-105mm
  • 機能:TTL対応, 焦点距離自動設定
  • バッテリー:充電電池が使用可能

 

どこで購入したか

僕はAmazonで購入しました。恐らく並行輸入品です。

並行輸入品の場合、技適マークが付いていないことが多く、そのまま電波を発射すると電波法違反となります。この機種で言うとワイヤレスフラッシュが該当します。

_DSC3887.JPG

ワイヤレスフラッシュは我慢するかと考えていましたが、購入したフラッシュには技適シールが貼られていたので、安心してワイヤレス機能を使用することができます。
技適マークとは、電波法令で定められている技術基準に適合している無線機であることを証明するマークのことです。

 

優れているポイント

軽量

重量が200gと軽量です。また、単3電池2本使用なので、電池を入れても軽いです。ガイドナンバーが40前後のフラッシュは単3電池を4本使用するものが多いと思います。

使用時のことを考えると、TT350Sは単3電池2本分軽くなるということです。

_DSC3876.JPG

僕はパナソニックのエネループプロを使用しています。充電して繰り返し使えるので経済的です。

安価

Amazonでは、平行輸入品ですが一万円以下で購入が可能です。

これだけ安いと思う存分使い倒すことが出来ます。

また、ワイヤレスコマンダーも安価なので、ワイヤレスフラッシュとして拡張も容易です。

縦位置での天井バウンス

通常の横構図での天井バウンスはもちろん可能です。

_DSC3883.JPG

加えて、左右どちらにも90度首が回るため、縦位置でも天井バウンスが使えます。左右どちらかというフラッシュも多いと思いますが、TT350Sは優秀ですね。

_DSC3886.JPG _DSC3885.JPG

必要な充分な機能

少しばかりガイドナンバーは小さいですが、その他機能も含めて全く問題ありません。

Godoxはいわゆる社外品ですが、α7 IIIとの組み合わせでも今のところ問題なく動作しています。

_DSC3882.JPG

_DSC3881.JPG

ハイスピードシンクロもボタンひとつで設定完了です。

 

もう一歩だと思うポイント

取り付け部の強度

_DSC3888.JPG

ソニー α7 IIIに取り付けるので、マルチインターフェースシューなのですが、プラスチック製で強度が不安です。

フラッシュに力が掛かると、折れてしまいそうです。

壊れたら、また同じものを購入すると思います笑

 

こんな方にオススメ

  • ソニーα7シリーズをお使いの方
  • 必要な機能があり、軽量コンパクトなフラッシュを求めている方
  • 安価なフラッシュが欲しい方
  • 初めてのフラッシュ購入を検討している方

 

他に悩んだもの

ソニー HVL-F32M

ソニーの純正フラッシュです。実売24000円程度です。

純正の安心感はありますが、少しガイドナンバーが32なので、もう少し欲しいところです。ワイヤレス発光の受信側としては使用できますが、送信機能は付いていません。

ニッシン i40

軽量コンパクトなニッシンのフラッシュです。ガイドナンバーは40あるので充分です。

こちらもワイヤレス発光時の送信機能は付いていません。

本体は軽量ですが、電池を4本使用するため、電池込みの重量では少し重くなります。

また、構造上収納時にあまりコンパクトにならないようなので、そこもマイナスポイントでした。

 

Godox TT350S(ソニー用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ
Godox TT350C(キヤノン用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ
Godox TT350N(ニコン用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ
Godox TT350F(フジ用)の最新価格情報
楽天市場AmazonYahoo!キタムラ

 

アクセサリー
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
フォローもお願いします!
ぽんこ

カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。
SNSもフォロー大歓迎です!

SNSもチェック!
シェアしていただけると喜びます!
ぽんこ趣