秋バラが見頃! 旧古河庭園と秋バラの写真【前編】

旧古河庭園

秋バラが見頃を迎えている旧古河庭園に行ってきました。

今回は、旧古河庭園と撮影してきたバラを中心にお写んぽの様子を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

旧古河庭園とは?

庭園の成り立ち

旧古河庭園の古河とは、古河財閥のことで、古河電気、富士通、みずほ銀行などが古河財閥として現在も企業が現存しています。

古河家第三代目当主である古河虎之助が、この古河邸を整備したのが始まりと言われています。

その後、古河邸は大蔵省所管を経て、今の都立公園として開放されるようになりました。

最寄り駅は?

旧古河庭園は、東京都北区にある都立庭園です。国の名勝に指定されていて、バラの名所として知られています。

JR山手線駒込駅から徒歩で10分、南北線西ケ原駅から徒歩で7分、京浜東北線上中里駅から徒歩で6分といずれの駅からも少し離れた場所に位置しています。

 

春バラと秋バラ

旧古河庭園には、シンボルとなっている洋館の裏に広大な庭園が広がっています。洋館から向かって手前が洋風の庭園、奥が日本庭園となっています。

洋風庭園には数多くのバラが植えてあり、5月中旬から6月が見頃の春バラと10月中旬から11月が見頃の秋バラが見ものです。期間中、バラフェスティバルというイベントも開催されており演奏会などの催事が行われています。

 

旧古河庭園の秋バラ(前半)

僕が行った11月上旬は、ちょうど秋バラの見頃の時期でした。小雨が降りそうでしたが、なんとか持ってくれて良かったです。

展示されているバラの種類が多いので、前半と後半に分けてお送りします。

わたらせ

世界に先駆けて作出された青バラの第1号品種。作出者の住んだ栃木県に流れる渓流「渡良瀬川」にちなんでいます。

スターリング・シルバー

美しいラベンダー色はグレー味を帯びることもあります。青紫色系の品種第1号です。

ロイヤル・プリンセス

敬宮愛子内親王にささげられたバラ。柔らかな質感のクリームホワイトの花弁がアンティークな雰囲気。

エレガント・レディ

故ダイアナ妃にささげられたバラ。気品あるクリーム色は次第に濃いピンクをまとい、優雅な姿を見せます。

シャルル・ドゥ・ゴールド

青紫に近いラベンダー色。柑橘系のような香りもあります。元フランス大統領の名がつけられました。

デザート・ピース

「砂漠の平和」の意味。世界平和を願って名付けられました。

乾杯

ビロードのような光沢をもつ花びらは、ローズ色を含んで大変鮮やか。

朱王

輝くばかりの朱色が目をひきます。ボリュームある花形です。

クレオパトラ

バラをこよなく愛したと言われるエジプトの王女の名を冠した花。貫禄の美しさです。

香貴

杏がかったサーモンピンクの花色。その名のとおり、気品ある香りが魅力的です。

ビッグ・ドリーム

作出者の夢が形となったような、華やかなピングが美しい大輪のバラです。

コンフィ・ダンス

ソフトピンクに黄色のぼかしが入り、繊細で優雅なバラ。甘く上品な香りがあります。

ジッフェ

ピンクを含んだオレンジ色の大輪のバラです。

アブラカダブラ

クリームからローズピンクまで、魔法にかかったように花色が変化していきます。

イブ・ピアッチェ

フリルのかかったローズピンクの花びらが豪華に咲きます。芳香もひときわ豊か。

バニラ・パフューム

花弁数が多く、花形も整っています。クリームベージュの繊細な花色が落ち着いた雰囲気のバラ。

フロージン ❜ 82

ドイツ語で「快楽、陽気」と言う意味。柔らかなオレンジにピンクが溶け合う優しい雰囲気のバラです。

ローラ

鮮やかなオレンジ色に惹きつけられます。元在仏コロンビア大使夫人の名がつけられました。

桃香

外側の花弁がローズピンクに染まり、美しいグラデーションを見せます。甘く上品な香り。

インカ

鮮やかな黄色のビタミンカラーが目を引きます。

プリンセス・ミチコ

当時皇太子妃だった美智子皇后陛下に捧げられました。蛍光色のような濃いオレンジが特徴です。

マダム・サチ

鈴木善幸元首相夫人の名前が付いています。清楚な花形はたおやかな女性をイメージさせます。

プリンセス・オブ・ウェールズ

故ダイアナ元皇太子妃に捧げられたバラ。白い淡いピンク色のグラデーションがかかった、上品で清楚な美しさは故ダイアナ妃を思わせます。

メリナ

明るく気品のある赤はわずかにローズピンクを含み、凛とした美しさを見せてくれます。

春芳

シルバーピンクの優しい色合い。柔らかく濃厚な香りも楽しめます。

サマー・ドリーム

爽やかなオレンジに甘いピンクの優しい色を添えます。フルーティーな香りも楽しめます。

ラブ

花弁の表が赤、裏が白のコントラストが魅力。愛らしい小ぶりのバラです。

春芳

シルバーピンクの優しい色合い。柔らかく濃厚な香りも楽しめます。

熱情

色も形も美しく、だれもが「赤いバラ」でイメージするような花です。

花名は、青バラの花色と「Kind of Blue」(なんとなく、もの憂い気分)をかけています。深いパップ咲きから優雅なロゼット咲きへと変化します。

 

旧古河庭園の秋バラ(前編)まとめ

今回は、旧古河庭園の秋バラの写真を載せてみました。

こんなに数多くの種類が一か所の庭園内にあるとは驚きました。洋館も中が美術館となっているので、またの機会に訪れてみようと思います。

次回、は旧古河庭園の秋バラ(後編)と日本庭園をお届けしようと思います。お楽しみに。

 

お写んぽ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
フォローもお願いします!
ぽんこ

カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。
SNSもフォロー大歓迎です!

SNSもチェック!
シェアしていただけると喜びます!
ぽんこ趣