ギネス認定! 山田パター工房 エンペラー2 パター レビュー

yamada

山田パター工房の『エンペラー2』パターをレビューしたいと思います。

 

知る人ぞ知る山田パター工房のパターです。

 

スポンサーリンク

山田パター工房

山田パター工房とは、山田 透氏がパターを主に設計・製造しているゴルフブランドです。山田さんがクラブ設計から製造まで一人で行っているようです。

yamada

 

もともと削り出しのパターを製造している工房で、一部では有名ではありましたが、数年前に山田パター工房を一気に有名にした出来事がありました。

 

ギネス記録

2012年にオーストラリア人プロゴルファーであるライン・ギブソンが、オクラホマのリバーオークゴルフクラブ・パー71のコースで世界新記録の16アンダーの55でラウンドし、ギネス記録として登録されています。

その際に使用していのが山田パター工房のパターでした。

ライアン・ギブソンのギネス記録をを記念して、ライアン・ギブソンモデルのエンペラー55というパターも販売されています。

エンペラー2は山田パター工房のパターの標準ラインナップの中で、エンペラー55を一番近いモデルのパターです。

安倍総理からオバマ大統領への贈り物

オバマ大統領が山田パター工房のパターを所望しているということで、アメリカ訪問の際に安倍総理から山田パター工房のパターが贈呈されました。

その情報がネット上を駆け巡り、山田パター工房へ注文が殺到したため、一時期はオーダーストップという事態になるほどに話題となりました。

 

そんな伝説の山田パター工房のパターを使ってみたくなりませんか?

 

エンペラー2

エンペラー2はいわゆるアンサー型のパターであり、山田パター工房の標準ラインナップの中で一番癖のないパターとも言えます。

yamada

 

スペック

  • 製法:          軟鉄一体削出加工
  • 表面処理:   ダブルボロンプラチナム
  • ヘッド重量:360g
  • ロフト:      4度
  • ライ角:      71度

 

他メーカーがパターはステンレス製のヘッドが多い中、山田パターは軟鉄を用いています。

軟鉄はステンレスと比べて柔らかく、アイアンヘッドに多く使われています。

 

価格

最新価格は下記のリンクから確認可能です。

 

使用感

アンサー型のヘッド形状のため、トゥ・ヒールに重量が割り振られているため、もともとスイートスポットが大きめではありますが、通常のアンサー型パターより大きめのヘッド形状のため、スイートスポットがかなり大きいめです。

yamada

パターはフルスイングをしないクラブですが、逆にゆっくりスイングするため、意外と芯を外してしまうクラブでもあります。

芯に当たってこそ、正確な距離と方向性が得られるわけですので、芯に当てることは大前提です。

かといって、芯に当てることばかりに集中してスイング幅やスイングスピードの制御に疎かになっては意味がありません。

エンペラー2はヘッドが大きくスイートスポットが大きいため、多少ブレても芯に当たってくれるので安心です。

 

ヘッドが大きめなこともあり、ヘッド重量はそれなりにありそうです。

スイングバランスも結構出ていそうでした。

僕は半インチカットして使用しているため、バランスが減少してちょうど良い程度になりました。

 

フェースを見てみると、ミーリング溝が深めのことが分かります。

yamada

 

ミーリング溝が深い方が打感が柔らかくなるそうです。

また、ヘッド素材が軟鉄のため、エンペラー2の打感はかなり柔らかいと言えます。

 

打音もおとなし目です。

 

yamada

パターに甲高い金属音を求めている方もいると思いますが、エンペラー2はまさしく軟鉄アイアンのような柔らかい打感です。

 

こんな方にオススメ

  1. ギネス記録の山田パター工房のパターを使用してみたい方
  2. アンサー型のパターで比較的大きめのヘッドを求めている方
  3. 柔らかい打感を求めている方