全科目トップ評価の優等生! ミステリー C-HT511 フェアウェイウッド レビュー

_DSC4010.JPG

ミステリーのフェアウェイウッド『C-HT511』のレビューをお送りしたいと思います。

 

僕は現在2つの3番ウッドを使用しており、練習場で打ち比べたり長期間使用してみたしています。

どちらも素晴らしいフェアウェイウッドですが、個人的な総合評価でミステリーのフェアウェイウッドを利用することが多いと思います。

 

ミステリー C-HT511 15度+グラファイトデザイン DI-7S

Roddio フェアウェイウッド 15.5度+Fujikura Speeder Evolution 2 FW 70S

 

スポンサーリンク

C-HT511

スペック

番 手FD PROTOFD#5#7
ロフト角(°)12/1314/15/161821
ライ角(°)5757.558
重心高さ(mm)20±20.5±21.5±22.5±
重心深度(mm)30±30.5±31±31.5±
重心距離(mm)32±32.5±33±33.5±
体 積(ml)178168158
重 量(g)210±215±220±
素材/製法:フェイス/DAT55Gチタン
ボディー/6-4チタン鋳造

 

価格

最新価格は下記のリンクから確認が可能です。

 

マイクラブ

僕が使用しているミステリーのC-HT511フェアウェイウッドです。

_DSC4010.JPG

3番ウッド:ミステリー C-HT511 15度+グラファイトデザイン DI-7S(チップカット0.75インチ)

5番ウッド:ミステリー C-HT511 18度+グラファイトデザイン DI-8S(チップカット1.25インチ)

 

ミステリーとは、和宏エンタープライズのゴルフブランドです。いわゆる地クラブのブランドであり、比較的安価な価格設定ながらドライバーからウェッジまで各クラブともとても高い評価を得ています。もしひとつのブランドでゴルフクラブ14本を揃えなければいけないならば、僕はミステリーがかなりの有力候補です。

 

安価と言ってもヘッド単体価格は大手量販店で販売しているフェアウェイウッドくらいの価格はしますので、それに比べたら高価なフェアウェイウッドです。

 

DAT55

このクラブの特徴としては、フルチタン製でフェース素材に『DAT55チタン』を使用していることです。

DAT55は、大同特殊鋼が開発したゴルフ用のβ型チタン合金で大変高価なチタン素材です。
かのぶっ飛びドライバーで有名なJBEAM BM-435ドライバーのフェースにも採用されています。

JBEAM BM-435は、女子プロツアーナンバーワンの葭葉ルミのプロ愛用ドライバーとしても有名ですよね。

そんな高価・高性能のチタン素材が豪華にもフェアウェイウッドにも用いられている、それがこのミステリー C-HT511なわけです。

 

なんだかフェース素材名だけで飛びそうな気がしてきませんか?笑

 

各番手の顔

3番ウッド

_DSC4019.JPG

_DSC4015.JPG

_DSC4011.JPG

3番ウッドはロフト角表示がありません。FDはフェイウェイドライバーの略ですね。

 

5番ウッド

_DSC4020.JPG

_DSC4016.JPG

_DSC4012.JPG

 

特に凝ったデザインというわけではなく、むしろシンプルだと思います。赤のグラデーションが綺麗ですね。

良い素材を用いて、基本に忠実に作られている感じがします。

スピードポケットなどの溝なんかなくても機能的には全然問題ありません。

 

飛距離

Roddioのフェアウェイウッドと比較すると、飛距離は少し落ちるかもしれませんが、他社のクラブと比べても飛距離に優れたフェアウェイウッドと言えます。

Roddioが低重心を極めたようなヘッドなので、それこそドライバーのような飛び方をしますが、C-HT511はしっかりとフェアウェイウッドの飛び方で良く飛びます。

 

上がりやすさ

Roddioがドロップ気味に飛んでいくのに対し、C-HT511はある程度スピンが入り、安定して上がります。

フェアウェイウッドから打つことを想定すると、ある程度スピンが入った方が安定して使用できると思います。

 

_DSC4017.JPG

ティーショットではフェース上部に当てれば、低スピンで飛ばすことも出来るので、ティーショットとフェアウェイで使い分けも可能です。

フェースの厚みもある程度あるため、ラフから打ってもテンプラにはなりづらいはずです。

 

構えやすさ

C-HT511は丸顔でフェース面がまっすぐな顔をしています。

_DSC4016.JPG

_DSC4015.JPG

洋ナシ顔に慣れた方だと少し違和感があるかもしれませんが、構えにくいということはありません。

若干アップライトに見えるので、少し左に行きそうな雰囲気がありますが、フェースが被っているわけではないので、実際に引っかかることはありません。

 

打感

打感は最高です。フェースがグワッとボールを捕らえる感触が腕に伝わってきます。打っていて気持ちの良い打感です。

また、打音は控えめにチンという甲高過ぎない金属音で打っていて大変心地よい音がします。

この打感と打音だけでご飯3杯ではなくて、ボールカゴ3杯行けますね!

 

寛容性

特別慣用性が高いというわけではありませんが、寛容性は高い方です。

スイートスポットを外しても、それほど打感が損なわれないのも良いと思います。

フルチタン製だからボールに当たり負けしない感じといったら伝わるでしょうか。あくまで感覚的な話ですが。

 

こんな方にオススメ

  1. 基本に忠実なフェアウェイウッドを求めている方
  2. 飛距離もある程度欲しいと思う方
  3. フェアウェイウッドから打つときにある程度スピンが入ってほしい方
  4. 打感と打音を重視したい方