こんなに飛ぶのに難しくない! GTD GT455 ドライバー レビュー

GTD455

GTDの『GT455』 ドライバーのレビューをしたいと思います。

 

スポンサーリンク

GT455ドライバー

スペック

サイズ  :ヘッド体積 438cc
ロフト角 :スリーブ可変 リアル10.25°可変 ±1° ライ角 59.5°可変 ±1°
重量   :195~198g
素材製法 : ボディー/ 6-4チタン  フェース/ ZA008Newチタン
仕上げ  : ボディー/ブラック IP フィニッシュ フェース/サテンフィニッシュ
ウェイト : 標準時 4g×2

 

使用されているフェース素材はGTD以外ではあまり見かけないチタン素材です。

 

GTDとは、ゴルフクラブデザイナーのジョージ武井さんが監修したゴルフブランドです。ジョージ武井さんと言えば、ゲージデザインやジョージスピリッツなど拘りのクラブが多いブランドを過去に立ち上げていましたね。
George Takei Designの頭文字を取ってGTDなのだと思います。

 

価格

最新価格は下記のリンクから確認可能です。

 

マイクラブ

ヘッド   :10度(リアルロフト)
スリーブ:N(ニュートラル)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI-6S

 

ぱっと見でソールの『G』の文字が目に入ってきます。GがGTDの意匠なのでしょうか。

クラウンからフェース、ソールまで黒なので、精悍な印象を受けます。

GTD455

フェースはそれなりに厚みがあります。

トゥー側よりヒール側に膨らみがある形状は、ぶっ飛びドライバーで名を馳せたJbeam BM-435ドライバーと全体的な形が似ていると思いました。

 

このクラブはいわゆるカチャカチャ付のドライバーです。

GTD455

GTD455

ロフト角とライ角が一緒に変化するタイプで、他のメーカーに比べたらシンプルなスリーブです。

スリーブがかなり重そうです。
スリーブ自体は、あまり飛びには影響がないはずなので、極力軽量であってほしいところですが、残念ながら重量がそれなりにありそうです。

一方で、ヘッドはそれほど重くはなさそうです。

スリーブが重いドライバーは、ヘッド+スリーブの合計重量がかなり重くなりがちで、バランスが出てしまい、振りづらく感じることが多いですが、GTD455はそれはなさそうです。

 

飛距離

購入してからそれなりに経ちますが、このクラブの魅力は何といってもその飛距離でしょう。

練習場で打っているだけで、初速がかなり速いということが分かります。

実際に測定器で計測してみても、良い数字が出ています。

過去にJbeam BM-435などの飛距離性能で有名なドライバーを所有してきましたが、それと比べても同等であると思います。

 

打感

少し軽めではありますが、柔らかい感触が手に伝わってきます。

また、打音はそれほどしません。控えめな金属チックな音で良い音だと思います。

GTD455

 

 

上がりやすさ

低スピンのため、あまり上がりやすいとは言えないと思います。

むしろ低スピンだからこそ、これだけの飛距離性能を持っているとも言えます。

恐らく、かなりの浅重心なのだと想像できます。

 

構えやすさ

ディープフェースなため、小ぶりに見えます。

GTD455

 

寛容性

飛距離はJbeam BM-435ドライバーと同等と言いましたが、寛容性はGTD455ドライバーの方が優れています。

世に出回っているドライバーの中で最高水準の飛距離性能を持っているのに、それなりに優しいとは恐れ入ったものです。

重めのスリーブのためか、重心距離が短いようで、トゥー側よりヒール側のミスに強いように思います。

Jbeam BM-435ドライバーは少しでもスイートスポットを外すと、ドロップしたり、チーピンが出たりとじゃじゃ馬なクラブでした。

GTD455ドライバーはそのような扱いづらさはなく、ミスを恐れずに使っていける安心感があります。

 

こんな方にオススメ

  1. とにかく飛距離を求めている方
  2. ある程度のやさしさも欲しい方
  3. 他の人とは違うクラブを求めている方
  4. Jbeam BM-435ドライバーを使用していたが、難しくて諦めた方