カッコいいのにやさしい! エポン AF-503 アイアン レビュー

_DSC3986.JPG

エポンの『AF-503』アイアンをレビューしたいと思います。

以前の記事で僕がエポンのAF-302とAF-503を愛用しているとお伝えしましたが、今回はAF-503を紹介します。

 

皆さんのカッコいいアイアンとは、何でしょうか?

僕が考えるカッコいいアイアンとは、フェースが小さくて、ストレートネックで、構えたときにシュッとなっているアイアンです。

 

それではやさしいアイアンとは?

一般的にやさしいアイアンとは、フェースが大きくて、グースネックで、構えたときに安心ががあるアイアンですよね。

このふたつの相反する命題を一緒に叶えるアイアンは果たしてどれほどあるのでしょうか。エポンのAF-503はそんなアイアンなのです。

 

スポンサーリンク

AF-503アイアン

AF-503は500番台なので、エポンの中では中級者向けのアイアンとなります。

_DSC3991.JPG

AF-503の前のモデルであるAF-502は、フェースがバネ綱のツーピース軟鉄鍛造アイアンでした。

中空構造になっており、中に樹脂がインサートされていたため、少し特殊な打感でした。

AF-503も同じくフェースがバネ綱のツーピース軟鉄鍛造アイアンですが、ポケットキャビティ構造のため、深重心設計となっています。

深重心だとスイートスポットが広く、ボールが上がりやすくなります。

 

スペック

製法:超精密鍛造

素材:本体 S20丸棒(軟鉄)/フェース 特殊バネ鋼

仕上げ:ニッケルクロムメッキ仕上げ

メッキはいわゆるニッケルクロムサテンメッキですね。

【特徴】

  • ポケットの常識を変えるアスリート向けモデル。
  • ポケットの構造による深重心、高打ち出しにより飛距離性能の向上。
  • トゥ、ヒールバランスをイメージさせるバックデザイン。

 

 

 

 

 

番手#4#5#6#7#8#9PWAW
ロフト角(度)
2225283135404550
ライ角(度)
60.56161.56262.56363.563.5
重量(g)
253259.5266.5273.0280.0287.5295.5295.5

 

価格

最新価格は下記のリンクから確認が可能です。

 

各番手の顔

5番アイアン

 

_DSC3992.JPG

_DSC3999.JPG

6番アイアン

_DSC3993.JPG

_DSC4000.JPG

7番アイアン


_DSC3994.JPG

_DSC4001.JPG

 

8番アイアン


_DSC3995.JPG

_DSC4002.JPG

 

9番アイアン


_DSC3996.JPG

_DSC4003.JPG

 

ピッチングウェッジ


_DSC3997.JPG

_DSC4004.JPG

 

アプローチウェッジ


_DSC3998.JPG

_DSC4005.JPG

 

 

各顔の流れ

僕が顔の流れで重要だと思っている7番アイアンから8番アイアン、9番アイアンからピッチングの顔の変化が分かりやすいように並べてみます。

7番アイアン→8番アイアン

トップブレードがまっすぐな7番アイアンからラウンドしている8番アイアンまでの流れは自然で繋がり良く変化しています。AF-302の時も見事でしたが、AF-503も素晴らしいです。


_DSC4001.JPG

_DSC4002.JPG

 

9番アイアン→ピッチングウェッジ

9番アイアンからピッチングまでも変化が大きすぎず、ウェッジまで自然に繋がっています。ウェッジの顔も良いのでアプローチウェッジまでAF-503で揃えてしまいました。


_DSC4003.JPG

_DSC4004.JPG

 

打感

柔らかいというより、フェースに球が食いつくような感触です。グシュッという感じ。

弾く感覚はありますが、凄く球離れが速いわけではないため、コントロールは問題ありません。

 

飛距離

飛距離はかなり出ます。AF-302比で一番手は確実に飛んでいます。

僕はアイアンに飛距離を求めてはいませんが、ひとつ番手を下げて打てることの優位性は確かにあります。

飛距離を求めてAF-503を選択しても後悔することは無いと思います。

 

寛容性

スイートスポットはこのクラスのアイアンにしたらかなり広いと思います。

AF-302か100円玉だとしたら、AF-503は500円玉くらいの大きさです。

トップ気味に当たっても問題なく上がってくれます。

_DSC4009.JPG

それにしてもポケットキャビティはスイートスポットが大きいですね。フェースのどこかに当たればグリーン付近までは行きそうな気がします。

芯を外してもそれほど打感に変化はありません。ネック側に外すと少し硬く感じるかもしれません。

 

弾道

全体的にロフトが立っているため、ポケットキャビティにしては思ったより少し低いでしょうか。

AF-302と比べると同じか少し高い程度です。

上がりすぎるのも問題だと思いますので、ちょうど良い高さだと思います。

とは言ったものの、ソール幅は広めなのでトップ気味でもしっかり上がります。

_DSC4006.JPG

バネ鋼の影響でしょうか。スピンは少なめな気がします。

サイドスピンも掛からないわけではありませんが、インテンショナルスピンを掛けるよりは素直にピンに真っ直ぐ狙いたくなるアイアンです。

 

こんな方にオススメ

  1. カッコいいアイアンが良いけどやさしさも欲しい方
  2. 他人と被らないクラブが良い方
  3. 飛距離も諦めたくない方
  4. 精度が良いクラブを求めている方

 

AF-505アイアンについて

AF-503の後継として、『AF-505』アイアンが発売されました。

まだ僕は試打していませんが、デザイン的にはAF-503の方が好きです。AF-505のバックフェースの黒の挿し色はあまり似合っていません。

また、ウエイト調整が出来るようにウエイトビスが交換出来るようになっています。

僕は、アイアンの場合そのような機能は要らないと思っています。

後から微調整ありきではなくて、出荷時にこちらの指定した重量通りに完ぺきに重量管理して欲しいんです。

ヘッド重量フローが完璧ならば、微調整は不要ですからね。

うろ覚えですが、エポンは確か重量指定でヘッドの購入が出来たように記憶してきます。(少し重めというと少し重いセットを用意してくれるはず)

 

 

ゴルフ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
フォローもお願いします!
ぽんこ

カメラ,ゴルフ,自転車などの趣味ついて綴っています。
SNSもフォロー大歓迎です!

SNSもチェック!
シェアしていただけると喜びます!
ぽんこ趣